ホーム
2017年9月23日(土)2時06分ホーム
情報・他
情報・他
漢方薬について
アルミニウムの作用
密封療法(手・足)
容器の分別・使い方等
顔・頭
手・脇・その他
反応
服の変色(脱色)
代償性発汗
塩アル液以外の情報
漢方薬その他の情報
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 情報・他 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
トップ  >  密封療法(手・足)  >  2006.9.18

足の汗に効果が出た方からご報告をいただきました。
やはり密封療法は効果が高いようです。


*****
私の場合は、手、足、脇と三箇所の発汗がかなりの量で、
それが長年の悩みでした。
当日は先ず、塩アル液を使用する前に入浴、よく汚れを落とした状態で
足、手、脇に原液を数回、扇風機等で乾かしながら、
かなり多目に塗りこみ、手、足はサランラップでかなりのぐるぐる巻き、
厳重に密封しました。
脇の密封は難しい為、通常どおりに寝巻き等に着替えた状態で、
その晩は就寝しました。
翌日から驚いた事にはっきりとした効果が現れました。
朝はまだ、塩アル液が完全に乾いた感じにじゃなっておらず
(密封していたため)実感が出にくかったため、
出かけに、ダメ押しと思い、少しだけ手、足、脇に
液を塗って仕事に出かけました。

効果を実感したのは、通勤電車でのことです。
普段だったら、密閉空間が苦手なため、
既に手・足・脇には大汗をかいてしまう状態のところ、
その日は手にほんの少し、(手相の筋の部分程度)
足、脇に至っては、ほとんど汗をかかない状態で出勤する事が出来ました。
その後、一日社内に居ても、ほとんど発汗する事が無く、
(普段では、よほどの涼しい日でも、一日中かかない、という事はあり得ません。)

また、その日は夜に、観劇の予定があったため、
職場から劇場まで、蒸し暑い中を15分は歩いたのですが、
それでも、手、足、脇、いずれからの発汗もありませんでした。
今までの経験からすると、これは考えられないような事態です。
あまりに効果がありましたので、金曜、土曜の夜は塩アル液の
使用を控えました。
日曜の外出前にまた、少量、手、足、脇に原液を塗り足したのですが、
日曜も暑い中、出歩いても、一日中、その部分には汗を書くことが
ありませんでした。
本日、月曜も同様に外出から帰宅まで、
とても気持ちよく過ごす事が出来ました。

ただ、私の場合は、精神性と、気温や湿度の外的要因、いずれでも
手、足、脇が汗ばむ傾向があったのですが、今回、劇的に効果が
出たためか、多少の代償性発汗が見られました。
気温や湿度が高く、暑い、と感じる場面でのみ、背中、胸、顔などに、
以前は見られなかった発汗があったのですが、精神性発汗と違い、
いつまでも汗が引かない、という類のものではなかったので、
特に問題に感じるほどのものではありませんでした。

また、多少、多めに液をつけすぎたため、若干のかぶれ、
かゆみが出ましたが、(目立つほどではありません。)
何しろ効果が出ていますので、
今後は希釈等の調整をして行けば問題はないのではないか、と考えています。
以上、ご報告まで申し上げましたが、本当にこの度は、
塩化アルミニウム液を購入させて頂いて良かったと、
心より感謝しております。
これだけ効果が出たことに自分自身でも未だ半信半疑、
といった状況です。

では、また経過に変化等ありましたら、ご報告させて頂きたいと思います。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 

前
2006.9.2
カテゴリートップ
密封療法(手・足)
次
2006.9.20

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project