ホーム
2017年11月19日(日)9時59分ホーム
情報・他
情報・他
漢方薬について
アルミニウムの作用
密封療法(手・足)
容器の分別・使い方等
顔・頭
手・脇・その他
反応
服の変色(脱色)
代償性発汗
塩アル液以外の情報
漢方薬その他の情報
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 情報・他 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
トップ  >  密封療法(手・足)  >  2006.9.20

密封療法は効果持続期間も長いようで、2週間継続というご報告をいただきました。


*****
こんにちは!
塩アル液を塗ってから2週間が経ちました。
みなさんの報告をもとに最初から密封療法を試みてみました!
すると・・・効果は翌日からハッキリと表れました!!
まさか次の日に効果が出るとは思いもよらず。。

今までは朝起きた時から、うっすら手の表面が湿っていたのに・・・
液を落としたら手の表面はサラサラでした!
まさに感動の一言ですっ♪
そのまま気分良く仕事へ・・・

そこで一つ問題が発生しました。
自分はテニスのインストラクターを仕事にしています。
ラケットを握って気付いたのですが、カサカサして擦れるたびに痛かった↓
何度も保湿クリームを塗ってようやく慣れましたが、
昔のグチョグチョの手とは感覚が違うんです^^;
今はもう感覚にも慣れ快適ですが^^
他のみんなも僕の手を見て唖然としています(笑)

まだ効果が続いているので初回以来、液は塗っていません。
これからも少しずつ試していきたいと思います。
しんじょうさん、本当にありがとうございました!!
感謝の気持ちでいっぱいです☆
それでは、失礼いたします。
 

前
2006.9.18
カテゴリートップ
密封療法(手・足)
次
2006.10.15

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project