ホーム
2017年7月28日(金)11時43分ホーム
情報・他
情報・他
漢方薬について
アルミニウムの作用
密封療法(手・足)
容器の分別・使い方等
顔・頭
手・脇・その他
反応
服の変色(脱色)
代償性発汗
塩アル液以外の情報
漢方薬その他の情報
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 情報・他 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
トップ  >   >  2006.9.4

足への密封療法のご報告です。


*****
6月の下旬に塩アルを購入し、今年の夏に使った感想というか、
結果報告です!!

サイトに乗ってた通り、夜寝るときに手足に少し多いかなー
というぐらいの塩アルをつけ、足にはラップをまきながら寝る、
というスタイルで塩アルを使っていました。
手は特にぬるだけで、何もしませんでした。
使い始めた次の日から効果あり!!
6月の中旬ごろから、もう手足ベトベト状態だったのですが、
それがかなりおさまりました。

私は普段通学時にミュールを履くのですが、
6月に入った頃ぐらいから足の裏の発汗が強くなり、
ミュールの底(いわゆるツルツルした素材)は汗でダラダラ。
汗を吸い取らないから、足は滑って、歩くのも困難な状態でした。
なので塩アルを使い始めるまでは大人しくスニーカー通学です。
使い始めた初日はさすがにスニーカー通学でしたが、
足の裏、手のひら、ともにあまり発汗はありませんでした。
2日目は調子にのり久しぶりにミュールを履きました。
すると、塩アルをつける前とつけたあとでは本当に天と地の差、
っていうぐらい汗をかかないでいました。

私の場合、ラップを巻きながら寝たのがよかったのか、
手のひらよりも足の裏の発汗がかなり抑制されましたね。
私の場合、最初の4日間ぐらいは毎日寝る前に薬をつけてましたが、
その後は週に2~3回ぐらい、少ないときは週1ぐらいしか使いませんでした。
なんでかっていうと、どの薬も、効果がいいからって使いすぎると
段々効かなくなるって言うじゃないですか。
だから、効果があるなーって実感してるときは薬をつけるのを控えたんですね。
去年から使い続けてることが関係あるかどうかは分かりませんが、
去年より今年の方が断然汗をかかなくなりましたね。(手.足限定)

手足の汗で困ったなーという回数があまりありません。
例年だと、握手とか、勉強のときとか、そこそこ汗で悩まされてたんですけど、
今年はほとんどそんなことなかったですね。
塩アルにかなり大感謝な夏だったので、結果報告です!!

あと、これは関係あることかどうか分からないのですが、
手足の汗は本当に少なくなったのですが、
なぜか背中や胸周りが汗をかきやすくなったかも??って今年の夏に感じましたね。
手足以外、あまり汗をかかない私だったのですが、
今年は背中を中心に汗をよくかきました。
まー、覚えてないだけで、例年も同じ量の汗をかいてたのかもしれませんが(笑)

塩アルを購入させていただき、本当にありがとうございました!!
薬で結構抑えられたので、手術しなくてもすむ、と自分自身とても嬉しいです。
本当にありがとうございました。
また薬がなくなれば購入させていただきますね
 

カテゴリートップ
次
2007.3.17

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project