ホーム
2017年11月19日(日)10時01分ホーム
情報・他
情報・他
漢方薬について
アルミニウムの作用
密封療法(手・足)
容器の分別・使い方等
顔・頭
手・脇・その他
反応
服の変色(脱色)
代償性発汗
塩アル液以外の情報
漢方薬その他の情報
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 情報・他 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
トップ  >  密封療法(手・足)  >  2007.4.19

塩アル液密封時の手袋についてお書きくださいました。
「密封」とはぴっちり封をするという意味ですので、手袋(あるいはラップ等)は出来る限りピッタリと空気を遮断するものをお使いください。


*****
お世話になっております。
使用いたしましたので詳細をお送りいたします。
大したことは書けませんが、なにかのお役に立てば幸いです。

結論から言って、塩アル液は素晴らしく効きました。
届いた当日の夜にたっぷり手に塗って、ビニールの手袋をして寝ました。
するとどうでしょう。次の日の朝手袋を取って手を洗うと、きれいさっぱり汗が消えていたのです。

早くても二三日は効果が出ないと思っていただけにうれしい誤算でした。

なお一点気づいたことがあります。
最初の日は薬を塗ったあとふつうの(透明の)ビニールの手袋をして寝たのですが、その日よりも二回目に違う手袋をして寝た日のほうが汗の引きが著しかったのです。

その手袋とは、手術などに使うような手にぴったりとするビニール手袋です。
なんとなく効果がありそうな気がして100円ショップで買ったのですが、意外にもかなりの違いがありました。
手袋以外の要因があるのかもしれませんが、今のところ手術用の手袋が一番汗の引きがいいので引き続きこれを使っていくつもりです。

塩アル液が届いてからもうすぐ一週間ですが、仕事にプライベートにと本当に役に立っています。

特に書類をきちんと持てる、名刺をしっかり持てるというのがうれしいです。
握手も怖くなくなりました。

今回気づいたことはこのくらいです。
また何かありましたら連絡させていただきます。
 

前
2007.4.16
カテゴリートップ
密封療法(手・足)
次
2007.4.25

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project