ホーム
2017年10月18日(水)16時16分ホーム
情報・他
情報・他
漢方薬について
アルミニウムの作用
密封療法(手・足)
容器の分別・使い方等
顔・頭
手・脇・その他
反応
服の変色(脱色)
代償性発汗
塩アル液以外の情報
漢方薬その他の情報
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 情報・他 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
トップ  >  塩アル液以外の情報  >  ドライオニックのご報告

ドライオニックのご報告の掲載お許しをいただきました。



*****
こんにちは。
7月に授乳期間中のドライオニック使用について質問させていただいた者です。

先生から授乳期間中でも使用可能じゃないかとゆう返事をいただいてから、ドライオニックを試してみました。
今回はその報告にメールさせていただきました。
以前、使用開始から3週間程で手のひら全部がサラサラになったので、とりあえず今回も2,3週間やってみようと思い使い始めたのですが、1回目は失敗におわりました。
両手の付け根付近は少し汗が少なくなったようなかんじにはなったのですが、全体的にみたら効果は出ませんでした。ドライオニックをしないで寝てしまったり、夜中に使用したり朝方に使用したり、かなりバラバラな使用状況で電流も弱めだったのが原因だと思っています。
1週間ほどドライオニックを休んでからもう1度使用してみました。
今度はできるだけ同じ時間帯に使用して、電流も強めにして、毎日3週間頑張りました。
その結果両手の平の中央はまだ完璧ではありませんがほぼ汗が出ない状態になりました。
炎天下の野外や汗のかきはじめには手にひらの中央にだけ汗をかきますが、そこ以外はサラサラなのでまずまず成功だと思っています。
今日からは毎日使用するのをやめて、何日間効果が継続するかをみて、どのくらいの頻度で使用したらよいのか考えていこうと思っています。
授乳は以前とかわらずしていて、子供にもこれといって影響ないみたいです。(目に見えて子供に変化があったら問題だと思いますが・・・(^_^;)
手汗が少なくなった分、汗のかきはじめに顔に沢山汗が出てるような気はしますが、以前のように「手汗どうしよう・・・」とゆう変なドキドキ(動悸ですね)が減って精神的にだいぶ楽になりました。
 

前
ボトックスの情報
カテゴリートップ
塩アル液以外の情報
次
神経節ブロックのご報告

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project