ホーム
2017年5月28日(日)8時19分ホーム
情報・他
情報・他
漢方薬について
アルミニウムの作用
密封療法(手・足)
容器の分別・使い方等
顔・頭
手・脇・その他
反応
服の変色(脱色)
代償性発汗
塩アル液以外の情報
漢方薬その他の情報
オンライン状況
14 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 情報・他 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...
トップ  >  密封療法(手・足)  >  2012.7.7

ドライオニックも経験された方です。

 

*****

早速使ってみました。

10mlというのは実際やってみるとかなり大変な量ですね。
初めてで塗布にかかる時間も分からなかったので就寝間際に始めたら睡眠時間がどんどん削られていくので焦りました。
がんばってそれでも原液半量余りでやめました。
使い捨てポリ手袋をはめ就寝。寝てる間にはずしちゃうかなと思いましたが大丈夫でした。
起きて水で洗い流しましたがその時は特に激しい反応は感じませんでした。
汗も少し出ているようで、今晩またしっかりやろうと思いました。
が、日中時間がたつにつれ汗が止まってる感じが強くなってきました。
気温も高く湿度もありますし、ちょっと緊張する場面もあったのですがさらっさらで、止まってる!と確信しました。
こういう状態になったら一旦使用をやめた方がよいのですよね?

一度の塗布でこんなに効くとは本当に驚きです。
ずっとドライオニックを使っていて、このところ中途半端にしか効かなくなっていたのですがその効果が少し上積みされたということがあるかな?と思いました。

いずれにしろこの劇的な効き方に本当に驚き、感激です。
ドライオニックは効いている間は全く遜色ないのですが状態を維持するためのコントロールが難しく、また時間がかかるため、忙しい日が続いたりすると本当に負担でした。
もしこのまま塩アルを使い続けられれば夢のようです。

手の状態はだんだんかゆみが強くなってきましたが、ドライオニックの時もかなりかゆくなるので許容範囲内です。
また、塗布したところははみ出して付いてしまった手首なども含めて赤くなっていてかぶれているようにも見えます。
原液はかなり強力のようで、次回は少し希釈して使ってみます。

また、足と脇にも使ってみます。
本当にありがとうございました。
 

前
2012.5.8
カテゴリートップ
密封療法(手・足)

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project