ホーム
2017年11月19日(日)10時02分ホーム
情報・他
情報・他
漢方薬について
アルミニウムの作用
密封療法(手・足)
容器の分別・使い方等
顔・頭
手・脇・その他
反応
服の変色(脱色)
代償性発汗
塩アル液以外の情報
漢方薬その他の情報
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 情報・他 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
トップ  >  密封療法(手・足)  >  2008.3.27

手にお使いの方のご報告です。


*****
塩アル液を一ヶ月程使用しての感想です。
届いた初日、夜寝る前に石鹸で手を洗い清潔な状態にしてから皆様のご報告通りに手の平に叩き込み→ドライヤーで乾かす作業を4回程繰り返しました。
その後ビニール手袋をして手首に輪ゴムを巻き密閉してバンザイの状態で寝ることにしました。
しばらくすると密閉した手からは大量の汗が出てビニール手袋は曇ってしまう程でした。

とりあえず気にせずに寝ようと試みたのですが、手が蒸れ過ぎて痒くなってきてしまい、寝付こうと思うと目が覚めてしまうので最終的には外してしまいました。
(それでも2時間程度は密封状態を我慢したと思います。)

翌朝起きると『手』の湿り具合はいつもと変わらない気がしました。
ただ手のひらが赤くパンパンに張っていました。
そして多少ヒリヒリ・・・・。
初めはこんなものかと思っていたのですがシャワーを浴びてその後にビックリです。
手がサラサラと乾いていました。

日中は手が少しヒリヒリする事と、パンパンに張ってしまった指先、そして指の間から手の甲にかけての皮膚に赤い斑点が出来てしまったことが気になりました。
私には合わないのかな~と思っていたのですが、それも翌日にはすっかり消えました。

それからは指先は感想がヒドイくらいにサラサラというかガサガサに近い状態になりました。
しかし、手のひら(指ではない部分)では汗が出てきてしまっていた為に
手のひらにだけ付着して今度は寝てみました。
翌日、手のひらの汗は前日よりも確実に少なくなりました。

一度この作業をすると数週間効果が持続するのでその点はスゴク助かっています。
ただ、私には副作用が出てしまいました。
足の裏の汗と顔、そして胸の辺りから汗が出てしまったのです。
足に関しては靴下の裏が湿っているのが明らかに解るほどです。
足にも、顔にも塗る事も可能だと思うのですが、今度はどこから大量に汗が出るようになるのかと思うと怖くてそれは試せていません。
(ちなみに私のレベルはネットなどで調べたところ、1~2程度みたいです。)

しかし、手のひらから汗が出ないという事は私にとってスゴク嬉しいです。
今まで人に触れることが怖かったのですが、しんじょうさまのおかけで少し克服できました。

しばらく様子を見ながら一番いい方法を見つけてみようと思います。
本当にどうもありがとうございました。
 

前
2008.3.23
カテゴリートップ
密封療法(手・足)
次
2008.6.25

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project