ホーム
2017年9月23日(土)2時02分ホーム
情報・他
情報・他
漢方薬について
アルミニウムの作用
密封療法(手・足)
容器の分別・使い方等
顔・頭
手・脇・その他
反応
服の変色(脱色)
代償性発汗
塩アル液以外の情報
漢方薬その他の情報
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 情報・他 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
トップ  >  密封療法(手・足)  >  2008.6.25

ティッシュを使っての密封療法で、高い効果を得ている方からのご報告です。


*****
嬉しい報告をします。
自分に合った汗止め方法をみつけました☆

3、4回、手に塩化アルミニウム液を塗りこんで、ドライヤーで乾かします(完全に乾かなくてもOK)。

塩化アルミニウム液をティッシュにしみこませ、それを手のひらと指につけて、その手をラップでつつみます(指は1本づつがいい)。

それから、ビニール手袋をつけて(ラップが外れないように慎重に…)、手袋(作業用の薄いタイプを使いました)をして一晩寝ると、さらさらになりました!

本当のところ、最初は試しに手のひらにだけ、液をしみこませたティッシュをつけてみました。次の日その部分がさらさらだったので、成功だ!と思って、今度はキッチンペーパーを使って、指につけてみたんですが、キッチンペーパーの吸水性があるせいか、そんなに効果がありませんでした。

ですので、上記のように、ティッシュを使うといいようです。

もっとやってみよう、と思っていたら、前回注文した塩アル液がもう少なくなっているので、注文をしようとご連絡しました。

足にもやってみて、また報告したいと思います。
 

前
2008.3.27
カテゴリートップ
密封療法(手・足)
次
2008.7.9

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project