ホーム
2017年7月22日(土)23時37分ホーム
情報・他
情報・他
漢方薬について
アルミニウムの作用
密封療法(手・足)
容器の分別・使い方等
顔・頭
手・脇・その他
反応
服の変色(脱色)
代償性発汗
塩アル液以外の情報
漢方薬その他の情報
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 情報・他 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
トップ  >  密封療法(手・足)  >  2008.11.10

手にお使いの方です。効き目は塗布量の影響が大きいので、手の場合は効果が出るまで添付のミニ容器1杯分(10cc)が1回分(10ccを一度に塗布ではなく、3回程度に分けて重ね塗り)として塗布し、塗布後に密封して就寝していただくことをアドバイスさせていただきました。


*****
報告メール遅れてすみません。
10月12日に届いてから10日間毎晩塗布しましたが、刺激も塩アル10%と変わりなくあまり変化はありませんでした。

それまでは3回塗布してから扇風機で乾かしてビニール手袋をしていました。
3日ほどあけて、今度は1回塗布したら完全に扇風機で乾かして、また塗布することを5回繰り返しビニール手袋をして就寝しました。

今度は効いているような気はしましたが、目に見えてと言うほどでもなく3晩続けましたが、気持ち的気にも疲れたので止めてみました。
諦め気分で塗布をサボった3日目位から、仕事中でもサラサラの状態があるのに気がつきました。
でも、サラサラだ!うれしい!このまま続け!っと思ったとたん、じわ~と汗が出てきます。
気温、湿度、緊張などにも左右されます。

皆さんが体験している次の日からすぐ効果が!とか
1日中もしくは一週間以上サラサラ!なんてありませんでした。

ただ、塩アルを知らなかった頃の何もなくてもレベル3、緊張するとレベル3.5~4という悲しい状態から見ると、今はレベル1~2というのは私にとって驚異的進歩であってコンプレックスから抜け出してないけど、軽くなったし普通の人より汗かき程度と思えるようになりました。

塗布している日は手に膜ができたようで、気にしてないようで気にしてて、汗が出てきても出てる量が分からない変な感じです。
それが3日ほど塗布を止めると膜の感覚がなくなり自分の手になります。

手に違和感がないので汗のことも忘れるのでしょうか、季節的に寒くなってきたこともありサラサラの時(一時的ですが)があります。
今日で塗布しなくなって2週間ほどになります。

私にとって気にしないことが一番の薬だという事は分かっているのですが、もっと上手に塩アルと付き合って行ける様アドバイスがあればお願いします。

容器のことですが、中蓋がありますよね。
その中蓋の真ん中にメウチで小さな穴をあけます。
使う時、逆さにして容器の左右を押せば適量が出てくるので使い易いですよ。

長くなってしまいましたがまた良い報告ができればと思っております。
 

前
2008.7.9
カテゴリートップ
密封療法(手・足)
次
2009.3.27

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project