ホーム
2017年5月28日(日)8時22分ホーム
情報・他
情報・他
漢方薬について
アルミニウムの作用
密封療法(手・足)
容器の分別・使い方等
顔・頭
手・脇・その他
反応
服の変色(脱色)
代償性発汗
塩アル液以外の情報
漢方薬その他の情報
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 情報・他 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
トップ  >  密封療法(手・足)  >  2009.5.9

手にお使いの方です。


*****
塩アルを使用したので、報告させていただきます。

私の手の汗は、レベル2~3ぐらいでした。
塩アルが届き、期待に胸を膨らませ、入浴後、手に塗りました。
はじめてで、液をつけすぎてしまい、また、手に神経が集中したのか、手が汗と液でベトベトになってしまいました。
その状態で、バンザイの姿勢で寝ました。
しかし、次の日は、何も効果がありませんでした。
塗布の方法が間違っていました。
次の日、塗布のやり方をもう一度サイトで見て、ドライヤーを用意して、入浴後でしたが、手を入念に洗い、液を少量ずつ手に塗り、ドライヤーをクールの状態で手に当て、液を乾かし、また塗布するの繰り返しを5回ほどしました。
3回目ぐらいから、手のひらに膜がはった様になり、表面に光りがでました。
そして、髪を染めるビニールの手袋をつけ、寝ました。
寝ている途中に手袋を無意識に外してしまっていました。
手袋は、2,3時間はしていたと思います。
 
次の日、朝起きると、私は朝起きるとすぐ手足に汗をかくのですが、足からしか汗が出なく、手のひらは、熱くなっていましたが汗は出ず、ヒリヒリと痛かったです。
熱がこもっていたのか、顔を洗うとき、お湯を触ると、とても痛かったですが、手を冷やすとその痛みも消えました。
それから、手に汗の意識をすると、手のひらが熱くなりますが、汗は出なくなりました。
 
次の日も同様に塗布、乾燥を繰り返し、手袋を着け寝ました。
 その後、手のヒリヒリ感も、痛みも無くなりましたが、汗は止まってます。
3日使用をしていませんが、指先から汗が若干でますが、気にならない程度です。
これで、人並みに生活が送れます。
 
次は、足に使用してみます。
 

前
2009.4.30
カテゴリートップ
密封療法(手・足)
次
2009.5.29

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project