ホーム
2017年5月28日(日)8時22分ホーム
情報・他
情報・他
漢方薬について
アルミニウムの作用
密封療法(手・足)
容器の分別・使い方等
顔・頭
手・脇・その他
反応
服の変色(脱色)
代償性発汗
塩アル液以外の情報
漢方薬その他の情報
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 情報・他 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
トップ  >  密封療法(手・足)  >  2009.5.29

手にお使いの方です。


*****
先日、塩アルを注文したものです。メール後、とても早い対応をして頂き感謝しております。
個人的な使用感ですが、感想(状況)を報告致します。

塩アルが届いた夜:石鹸で数回しっかりと手を洗い、塩アルを塗る前にウェットティッシュで手のひらを拭きました。付属の小瓶に取り分けた塩アルを、1円玉代に片手に取ってすり込んで叩き込みながら扇風機にあてましたが、なかなか染み込まず、乾かない質感に戸惑いました。ある程度半乾きのまま再度塗る→扇風機→塗るを数回繰り返し、結局は完全に乾かないままビニル手袋(介護用のフィット感があるもの)をし、布手袋をはめて寝ました。じわりと痒くなりましたが、意識をそらしました。

1日目(朝):石鹸で数回しっかりと手を洗いました。手の甲に、ひっかき傷があったようで(気付いて無かった)塩アルが染みたのか、赤くなり痒みを感じました。手の甲側の指に数ヵ所の小さな水膨れが出来て痒かったものの、後に消えました。突っ張り感は、さほど感じません。湿度の低い日でしたが、出先では天気が良く暑い1日でした。普段は汗ばむ手がサラサラで、不思議です。しかし指先は多少湿りました。

1日目(夜):指先が湿るので少し念入りに塗り、手のひら全体にも重ね塗りました。初日を踏まえて、1円玉よりも少ない量をすり込んで叩き込み扇風機にあてると、少しは乾く質感を得る事が出来ました。完全に乾いて突っ張る感じはしませんが(乾かし方にもよるかと思いますが)、初日より染み込む感じでした。初日は1回の量が多すぎたようです。布手袋が暑くて辛かったので、ビニル手袋だけにしてみました。

2日目(朝):目覚めると、指の股が痒くてたまりませんでした。ビニル手袋を外してみたら、痒く感じた指の股と指(どちらも手の甲側)に赤く小さな水膨れが発生(痒みは蚊に刺されたレベル)。さらに手(指が特に)がむくんで、見た目も感覚も腫れてしまって衝撃的でした。しかし、みじたくする内に手の腫れは次第に引き(結局普通の状態に戻った)、水膨れは痒いものの赤味はそこまで気にならない(意識してよく見れば分かるレベル)状態になりました。ビニル手袋を外した後は、同じく石鹸で数回しっかり手を洗いました。湿度の低い日だったせいか、初日より手の乾燥感がありました。さすがに今朝の状況には不安になりましたが、何より手のひらからも指先からも汗が出なくなった事が嬉しかったです。効果も現れて痒みも出たので、ここで一旦休止しました。

2日目(夜):何も塗らずに寝ました。

3日目(朝):外⇔室内の出入りが多く、空調の寒暖が激しい1日となりましたが、手のひらには全く汗をかきませんでした。「汗が出そう」と感じると、手がピリッとします(手が我慢しているのでしょう)。何も塗らずに寝るのは不安でしたが、効果が持続したままで安心しました。2日目の朝に出た水膨れ部分が多少痒いです。

塩アル中止~その後:手からの汗はありません。指先が多少しっとりしてきましたが、まだ大丈夫です。赤い水膨れは消え、塩アル効果時の皮膚下の水膨れはあります。
4日目位から手の乾燥が酷くてハンドクリームも塗りましたが、手のひら一面が日焼け後みたいに薄皮がむけました。しかし痛みはありませんし、効果も変わりませんでした。
14日目位から入浴後に水膨れ部分の皮がふやけて皮が剥け始めています(痛みはありません)。

以上、報告でした。

長年、手のひらに汗をかく事が当り前で、湿る手のひらが苦痛でした。
一時的な汗止めでしょうが、湿り気から解放された今、その一時的をどれほど切望してしたか、あらためて実感しています。
いろいろと調べて行く中で、しんじょう薬局さんのHPに辿り着けた事を感謝しております。本当にありがとうございます。
塩アルの効き目がどんな場面でも続くのか、どこが境界線か、まだまだ不安な部分もありますが、塗り方(希釈するなどの工夫)・かぶれなどの症状・休止期間などを自分なりに調べながら、塩アルのお世話になりたいと思います。

塩アルに出会い、手汗を改善出来た事で不安要素が一つ減りました。自分の体質と、前向きに向き合う事も出来そうです。きっかけをくださった事、感謝しております。

6月以降もしばらくは購入が出来そうで安堵しました。
今後もお世話になります。
長々と失礼しました。
 

前
2009.5.9
カテゴリートップ
密封療法(手・足)
次
2009.6.12

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project