ホーム
2017年11月19日(日)2時40分ホーム
情報・他
情報・他
漢方薬について
アルミニウムの作用
密封療法(手・足)
容器の分別・使い方等
顔・頭
手・脇・その他
反応
服の変色(脱色)
代償性発汗
塩アル液以外の情報
漢方薬その他の情報
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 情報・他 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
トップ  >  密封療法(手・足)  >  2006.9.2

塩アル液の使いかたで塗布量をアドバイスさせていただき、
効果が出たというご報告をいただきました。

*****
先日送って頂いた塩アル使用後3日目にして
手の汗がピタリと止まりました。


使い始めは使用量が少なかったらしく、
しんじょう薬局さんに適量などをアドバイスして頂いて
日目は量を多めに密封療法を試しました。
密封すると蒸れてしまって気持ち悪かったけれども我慢して翌日の朝、
左手はほぼ汗が止まっている状態。
右手も普段よりは汗が出にくいけれども右手は少し湿った感があったので、
3日目は右手だけを密封療法にして
汗が止まっている左手は塩アルを塗ってそのままで寝ました。
次の日の朝には両手とも汗が出ず、快適に過ごせました。
それから今日まで4日間ほど汗が出ない状態が続いてます。
何度も手の平を見ては感動しています!!

もともと体は汗がでにくい体質で、
(暑い)と感じる感覚も鈍い方なのですが
手だけは汗をかいて手だけが暑い!!って状態でした。
手汗を非常に気にするようになったのはここ何年かなのですが
よくよく振り返れば、子供の頃図工の時間に針金で何かを作らなければならないとき、
自分の針金だけが錆びたような色になったり極度に緊張したりすると
答案用紙が波打ったような状態になったりしていました。
でも、自分自身あまり気にしていなかった事もあって今ほど不快に感じる
事はなかったのですが、気にするようになってから余計手に汗をかくように
なりました。(多分レベル1~1.5位?)

インターネットでこのような手掌多汗症という症状があることを知って、
手術じゃないと直らない・・しかも手汗が止まっても違う箇所から汗が出てきて
辛い・・というような内容を見て、手術は怖くてできない。
だからきっと一生この手と付き合っていかなきゃいけないんだろうなぁ~って
思って諦めていました。

そんなときにしんじょう薬局さんのホームページを見つけて塩アルの存在を知って
とにかく一度使ってみようと思いました。
値段も手ごろだったのもありがたいです。

本当に止まった時は涙が出るほどうれしくて、
人と握手しなければならない場面とかは なるべく避けて逃げていたけれど、
今は何も考えずに手を差し出せます。
本当にこのホームページを見つる事ができてよかった!!
って心から思います。
使い始めに量が分からず、メールをさせていただいた時も
すぐに返事を頂きましてありがとうございました。
これからもずっと使い続けて行かせて頂きますので
どうぞ宜しくお願い致します。
 

前
2006.8.28
カテゴリートップ
密封療法(手・足)
次
2006.9.18

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project