ホーム
2017年12月13日(水)4時55分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
トップ  >  漢方薬  >  気のバランス

漢方には、気血水の理論で病気のタイプを見極める方法があります。
ここでは「気」について書いてみましょう。

「気」は、エネルギーまたは、精神的なものを指し、健康な時には身体のなかで、バランス良くめぐっていますが、精神的疲労がかさなるとバランスを崩しやすくなります。

おへその周りで動悸がしたり、グルグル音がするようになってくると、精神不安が始まり、その気がさらに上に上がってきますと、みぞおちで動悸がするようになってきます。そしてめまいがしたり、目の奥が痛くなったり、頭に何かかぶせられたような感じがしたり、不眠症になったりします。

気が上昇して起こる症状としては、頭痛、めまい、目の充血、抜け毛、肩こり、不眠などがあります。

また、気の影響を一番受ける内臓は、胃です。  胃潰瘍の95%はストレスが原因だと言われます。胃へのストレスが強くなると、肝臓にも負担がかかってきます。

気の病気に良い漢方薬としては、

不眠症、精神不安などには、桂枝加竜骨牡蠣湯
ケイシカリュウコツボレイトウ

動悸、不眠があり、便秘気味の時は、柴胡加竜骨牡蠣湯
サイコカリュウコツボレイトウ

のどに何かひっかかっている感じがする時は、半夏厚朴湯
ハンゲコウボクトウ

疲労感が強い時は、補中益気湯 等が用いられます。
ホチュウエッキトウ
 

カテゴリートップ
漢方薬
次
血のバランス

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project