ホーム
2017年7月27日(木)5時43分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  お酒を百薬の長とするには

「酒は百薬の長なり」。良い言葉ですね。若い頃は、これを言い訳に して飲んでいたこともありましたっけ。

ほどほどに飲めば薬になり、度を超せば害になることについて、ご存じのかたも、復習と戒めの意味でおさらいしてください。まずは害から。毎日3合以上10年飲み続けると、心臓の筋肉が弱くなって肥大し、呼吸困難などの心不全症状が出ることがあります。また、高血圧になりやすく、脳卒中の危険性は、飲まない人の4倍という報告もあります。そして、休肝日なしに飲み続けていると、肝臓に中性脂肪が貯まって脂肪肝になります。そのまま飲み続けると、肝臓の細胞が変性壊死するアルコール性肝炎をおこし、やがて肝硬変へと症状が進んでしまいます。肝臓は「沈黙の臓器」と言われるように、自覚症状が現れにくいため、重症の肝障害に陥るケースも多いのです。

それでは、お酒を百薬の長とするためには、どうしたらよいでしょう。なにより大事なのは、適量を守ることです。1日にビールなら大瓶2本、日本酒なら2合、ウィスキーならダブルで2杯、これが適量です。

この範囲であれば、脳卒中や狭心症、心筋梗塞などの危険性は、全く飲まない人と同じくらいまで下がってきます。

また、うれしいことに、適量の飲酒で狭心症や心筋梗塞などの死亡率が低くなり、1日に1合程度のお酒を毎日飲んでいる人は、全くのまない人に比べて死亡率が半分以下に低下するというデータが出ています。

これは、適量のお酒が血液中の善玉コレステロールを増やし、同時に悪玉コレステロールを減らすためです。適量を守れば、胃の消化を助け、ストレスをも解消してくれるわけですから、くれぐれもきもに命じてご自愛なさいませ。
 

前
環境ホルモンの害を減らす
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
血圧の変動と正しい計り方

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project