ホーム
2017年4月24日(月)6時32分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  入浴が与える効果と影響

薬剤師会の会報に介護の記事があり、その中で、「入浴が与える効能、影響」という項目で、皆さんにも知っていただきたいことがありましたので、書き出すことにいたしました。

……………………………
入浴には、身体を温める温熱作用、下半身に水の重さがかかる静水圧作用、身体が軽くなる一方で手足を動かすのに力がいる浮力、粘性作用の三つの主な作用があり、それらによって、人に良い効果、悪い影響を与える。これを入浴の三大作用という。

1.温熱作用

一般に熱くも冷たくも感じない温度を「不感温度」といい、34℃~37℃である。
不感温度より高い温浴(39℃~42℃)の場合には、交感神経を刺激し、心拍数が増え、血圧は上昇する。微温浴(37℃~39℃)では、副交感神経を刺激し、精神の緊張をほぐし、心拍数及び血圧の変化も少ない。

2.静水圧作用

水面下に沈んだ身体の部分の体表は、水の重さの分の静水圧を受ける。半身浴では、下半身に静水圧がかかるために心臓への環流量が増し、心拍出量が増加する。その結果、全身の血液循環が促進され筋肉にたまった疲労物質の乳酸などの排泄が促進され、疲労回復を早める。

全身浴では、心臓などに負担がかかるが、仰臥位での入浴は、静水圧はあまりかからない。

3.浮力、粘性作用

運動機能の低下した人にとっては、浮力、粘性作用を利用したリハビリテーションとして水中運動が行われている。

4.まとめ

湯温が高く胸までつかると、温熱作用、静水圧作用により、心臓に戻る血液量、心拍数が増加し、入浴時間が長くなればそれだけ心臓への負担が大きくなる。

一般に高温浴(42℃以上)では、初期に血圧が上昇し、体温が温められると血管が拡張して血圧は低下の傾向を示し、静水圧のため血圧が高められ、結果としてそれほど血圧は低下しない。

出浴時は、静水圧が無くなるため血圧は低下し、一過性の低血圧が起こり、脳へ行く血液が減少して、立ちくらみや失神が起こりやすく、また、急に身体が冷えると血圧が上昇する。
…………………………………

以上ですので、参考になさってください。

前
体臭予防の10カ条
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
病気の時の入浴

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project