ホーム
2017年12月13日(水)5時00分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  体脂肪の計り方

ダイエットとは、単に体重を落とすことでなく、余分な体脂肪を減らすことということをほとんどのかたがご存じだと思います。健康的なダイエット法は、適度な運動で余分な体脂肪を減らすことであり、食事だけの減量では、体内の水分や筋肉が減っても、肝心な体脂肪は変わらず、体調まで壊しかねません。

家庭で簡単に測れる体脂肪計の売れ行きも順調だということですが、皆さんは正しい測り方をご存じでしょうか。測り方次第で、5%程度の誤差が出るそうです。私も知らなかったのですが、正しい測り方を書いた記事がありましたので掲載します。

…………………………………………
家庭用の体脂肪計は、体内に弱い電流を流して、筋肉、内臓などと脂肪との電気抵抗の違いから体脂肪率を測定する。

筋肉や内臓には水分があるが、脂肪にはないので、電気が流れにくいことを利用している。すなわち、水分量の差が決め手だが、体内の水分は変化しやすく、測り方次第で5%程度も違いが出る。

まず激しい運動の後は、測らない。運動すれば汗をかく。当然水分が減っており、体脂肪率が高くなる。

食事の直後もいけない。食べ物を消化するため、血液がおなかに集中し、下半身や腕などの血液が減る分、体脂肪率が高くなる。食後2時間は置くべきだ。

起床直後も、水分が不足している上、体が横になっていたから、水分が均等化して、夕方の測定値と異なる。

測る姿勢も大切だ。体重計の要領で足を乗せるタイプは、素足で、かかとを電極に合わせる。かかとが硬くなっている場合は水でぬらす。
足や腕を曲げていると、筋肉の断面積が広がって、体脂肪率は低くなるから、足や腕はまっすぐ伸ばすこと。

ベストは入浴後、血行の良くなった就寝前が良い。
…………………………………

ということですので、参考になさってください。

前
ドライアイ
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
食後の血圧低下

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project