ホーム
2017年11月19日(日)21時29分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  コレステロール

1.コレステロールと動脈硬化

血液や血管の状態を悪化させる原因は様々であり、過食、偏食、食品添加物、ストレス、喫煙、運動不足などが、血液中に不要な物を増やし、血管に負担をかけています。中でもコレステロールの過剰な摂取は、動脈硬化を進行させる大きな原因です。

動脈は内膜、中膜、外膜の3層になっており、正常な状態ではこの3層は隙間無く並んでいますが、内幕を保護する内皮細胞が傷つくと隙間ができ、そこから血液の成分、特にコレステロールなどの脂分が血管に侵入します。この侵入した異物を取り込むのが白血球のひとつであるマクロファージであり、マクロファージは異物がある限り取り込み続け、しまいにはマクロファージ自身の細胞膜が破れて、取り込んだ異物をまき散らすことになります。するとまた別のマクロファージがやってきて取り込みを開始するのですが、これを繰り返すうちに、どんどん内膜の傷が悪化することになるのです。その上、血管壁を治すために血小板が集まり、血の固まりができます。結果的には内膜は膨れ上がり、血液の通り道は狭くなり、血液が詰まりやすい状態に陥るのです。その時、血液がサラサラでなくドロドロだったら、いっそう詰まりやすくなるのは避けられません。

コレステロールによる動脈硬化はこのような仕組みで起こります。つまり、コレステロール値が高いということは、動脈硬化が起こりやすい、進行しやすいということを意味しているのです。

2.コレステロールの善玉と悪玉

コレステロールに善玉と悪玉があるのはご存じのかたも多いと思います。血液中のコレステロールはタンパク質と結びつき、リポタンパク質 LDL、HDLとして存在しています。LDLは各細胞にコレステロールを運び、HDLは細胞から余分なコレステロールを回収するという役割がありますが、コレステロールが過剰になるとLDLが増加し、動脈硬化の原因となるのです。そこで通称、LDLは悪玉コレステロール、HDLは善玉コレステロールと呼ばれています。

コレステロール自体、身体に不可欠な物質であり、脳や血液、筋肉、内臓各器官に存在しているほか、細胞膜やホルモンの成分として使われています。最も重要なのは脂肪を分解する胆汁酸の原料としての役割です。

LDL、HDLの2種類のコレステロールのバランスを正常に保つには、食生活が重要なポイントとなります。
コレステロールの過剰摂取を改め、善玉を増やす食品を多く摂ることで血液や血管はずいぶんきれいに保てるのです。

3.コレステロールと食生活のポイント

血液と血管を健康に保つためには、悪玉コレステロールの増加となる過剰なコレステロール摂取をやめ、コレステロールの蓄積につながる動物性脂肪を控え、コレステロールの吸収を阻害する食物繊維をたっぷり摂ることがポイントとなります。

では、具体的にはどんな食品に含まれている、どんな成分が効果的なのでしょうか。まず成分としてはEPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)、食物繊維、タウリン、エリタデニンなどがあげられます。

EPAとDHAは不飽和脂肪酸で、血液中の脂質を減らし、血液がネバネバするのを防ぐほか、血を固まりにくくしたり、血液の弾力を保ちます。この物質を豊富に含むのは、アジやサバ、イワシといった背の青い魚です。

食物繊維は野菜、海草、コンニャクや豆類に多く含まれています。特に水溶性の食物繊維は、水に溶けるとゼリー状になり、余分な脂肪やコレステロールを包み込んで一緒に排泄してくれる作用があります。

タウリンはイカなどに含まれています。イカにはコレステロールも含まれていますが、タウリンはそのコレステロールを減らしたり、血圧を正常に保つ働きがあるのです。そしてシイタケに含まれるエリダデニンには、コレステロール代謝や排出作用を促進する働きがあり、小腸でコレステロールが再吸収されるのを防ぐ作用もあります。
 

前
椎間板ヘルニア
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
めまいと平衡感覚

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project