ホーム
2017年12月13日(水)5時00分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  入浴剤の効果とメカニズム

【効果とメカニズム】

入浴剤の基本的な効果は、入浴そのものによって得られる温浴効果(身体を温める、痛みを和らげるなど)と清浄効果(汚れを落とす、皮膚を清浄にするなど)を高めることにあり、この考え方を基に商品に表示あるいは広告できる具体的な効能が薬事法に定められています。ここでは代表的な成分の効果とそのメカニズムを紹介します。

1)無機塩類系入浴剤
  硫酸ナトリウム、硫酸マグネシウム、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸カルシウム、塩化ナトリウム等を主成分とするもので、剤形的には粉末、顆粒が多い。

  このタイプの最大の効果は、塩類が皮膚の表面の蛋白質と結合して膜を形成し、この膜が身体の熱の放散を防ぐために、入浴後の保温効果が高く湯冷めしにくいということです。特に硫酸ナトリウムは皮下組織の賦活作用、修復作用があり、また炭酸水素ナトリウムは石鹸と同じように皮膚の脂肪や汗腺にある脂肪の汚れを乳化し、清浄効果を有しています。

2)炭酸ガス系入浴剤
  炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム等とコハク酸、フマル酸、リンゴ酸などを組み合わせたもので、剤形的には錠剤。

  このタイプは炭酸ガスの血管拡張作用を有効利用したものです。湯に溶けた炭酸ガスは皮膚吸収により容易に皮下内に入り、直接末梢の血管へ働きかけ血管を広げます。血管が広がると末梢血管の抵抗が弱まるので血圧が下がり、血流量が増えます。その結果、新陳代謝が促進され、疲れや痛み等が回復します。同時に温かい湯に入っているならば血液が体表面の熱を全身へと運び、身体の芯まで温まることになります。なお、皮下内に入った炭酸ガスは、肺から呼吸によって体外へ出されますので、身体の中に蓄積されることはありません。

3)薬用植物系入浴剤
  センキュウ、トウキ、ボウフウ、チンピ、カミツレ、ハッカ葉などの生薬を配合しており、生薬をそのまま刻んだもの、生薬のエキスを取り出して他の成分と組み合わせたもになどがあります。
 
  このタイプの効果は生薬の種類によって異なりますが、生薬に含まれている化学成分の働きと独特な香りの働きから成り立っています。生薬は、それぞれ長い歴史の中から生まれ、その効果は医療薬として日本ばかりでなく欧米でも高く評価されています。また入浴剤に応用した場合にも血行促進効果や湯冷め防止効果などが認められており、そのメカニズムについて最近盛んに研究がなされ、徐々に解明されつつあります。もう一つの効果である「香り」については生薬に限らず最近アロマテラピーが注目され、研究の対象になっています。香りによるリラックス効果は脳波や心拍数などの測定により証明されつつあり、今後の研究成果が待たれるところです。

4)酵素系入浴剤
  蛋白質分解酵素、パパイン、パンクレアチンなどの酵素を配合したもので、無機塩類と組み合わせて使うことが多い。

  酵素は医薬品の消化剤や洗浄剤などによく利用されますが、人間はもちろん、微生物や植物などの生物の身体のなかで作られ、蛋白質や脂肪、澱粉などを分解して消化や洗浄を助ける効果をもっています。入浴剤に酵素を配合する目的は、皮膚に無理な刺激を与えずに清浄にし、他の成分と一緒に入浴効果を高めることにあります。人の皮膚表面の角質層は、外界の温度や刺激などから身体を保護する働きをもっていますが、外界環境のチリやホコリが皮膚表面で絡まって毛穴や皮膚の溝の中に入り込み、落ちにくい汚れとなっていることがあります。酵素はこのような汚れに特異的に作用して、汚れを小さくしたり別の形に変えたりして洗い流しやすくします。その結果、浴後は清潔で滑らかな使用感をもたらします。

5)清涼系入浴剤

  メントール、炭酸水素ナトリウム、硫酸アルミニウムカリウムなどを配合したもので、剤形的には液体、粉末、顆粒が多い。
 
  このタイプは、夏の入浴を快適にするもので、主にメントールを配合して冷感を付与させたものや、炭酸水素ナトリウム硫酸アルミニウムカリウムを配合し入浴後の肌をさまさせるものがあります。また、お湯の色は青色を基調にしたものが多く、視覚的にも爽快感を出しています。

6)スキンケア入浴剤
  セラミド、コレステリルエステル、米胚芽油、エステル油、スクワラン、ホホバ油、ミネラルオイル、米発酵エキス等の保湿成分を主に配合したもので、剤形的には液体が多い。

  このタイプは、保湿成分が入浴中に皮膚に吸着浸透し、スキンケアを行うものです。特に冬の乾燥時は、入浴後過度に角質層中の水分が失われ、お肌のかさつきがおこりやすくなっており、入浴剤によるスキンケアが重要になります。また入浴で膨潤した肌は保湿剤などの薬効剤が浸透しやすい状態になっているため、保湿成分が肌の表面に吸着するだけでなく、角質層内部にまで浸透していきます。その結果、入浴後は肌がしっとりすべすべになります。

              (参考:日本薬剤師会雑誌第52巻6号)
前
肥満(リンゴ型とナシ型)
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
効果的入浴法

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project