ホーム
2017年5月26日(金)12時40分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  効果的入浴法

温かいお湯に入ると、誰もリラックスな気分になれます。このリラックスな気分は、入浴することにより、身体に3つの物理作用(温熱・水圧・浮力)が働くためです。効果的な入浴方法とは、この身体に作用する3つの物理作用を上手に利用することです。とです。

1)温熱作用

温熱作用は、肩までつかる日本式入浴法では最も大きな効果を発揮すると考えられます。温まるということは、熱を伝えにくい身体を浴湯の熱が直に伝わっていくよりも、温められた血液が血管を通して運ばれ、深部温度を上昇させるためです。この深部温度の上昇が、視床下部の温熱中枢を刺激し体温調節機構を作動させ、体温を調節する的で末梢の皮膚血流が増加し発汗を促進します。この反応により、血行がよくなり身体の隅々ま
で酸素や栄養分が行き渡り、また代謝により蓄積された疲労物質や老廃物は除去されます。

浴場の温度については、個人の好みはありますが、日本では40~43℃のやや熱めの湯が好まれており、欧米では36~39℃のぬるめの湯が好まれています。一般的に、末梢神経を拡張し心臓への負担が軽い39~41℃が、生理学的に好ましい浴湯の温度と考えられます。

2)水圧効果

入浴すると、水面からの深さに応じて身体表面に水圧がかかります。一般家庭用の浴槽で全身入浴すると、胴回りが3~6cm、胸周りが1~3cm小さくなります。腹部においては、横隔膜が押し上げられ肺の容量が減少し、これを補うために呼吸数が増加します。この静水圧によって血管やリンパ管が圧縮され、血液やリンパ液が入浴と同時にいっせいに心臓に戻され、心臓の働きが活発になります。血管やリンパ管は静水圧により圧縮された求心性に動き、疲労回復へとつながります。

3)浮力作用

お湯に入ると身体は、浮力を受けて軽くなります。(アルキメデスの原理)水中では空気中に比べて約1/9 程度の重さになります。体重約60kg の人で、たったの6.2 ~6.3kg にしかなりません。水やお湯の中では、陸上にいるときに比べて極端に軽くなるので身体を早く動かすことができ、水の抵抗も加わるので筋肉の増強に向いています。この原理が、いろいろな病気や障害の治療に応用されてきました。身体が軽くなるので、だるさを感じなくなり心身ともにリラックスできます。

以上3つの物理作用簡単に紹介しましたが、一口にお風呂といっても、温度や時間、湯の量によって身体に及ぼす影響はさまざまです。熱い湯は交感神経を刺激して身も心も緊張します。お風呂好きといわれる日本人ですが、漫然と入るのではなく、目的にあった効果的な入浴法を心得て入ることが大切です。

【目的別の効果的な入浴法】

1)ストレスを解消したいとき

入浴法:40℃以下の湯に、ゆっくりと長くつかるとよい。場合によっては、42~43℃の湯にさっと短時間入って身体をゴシゴシ洗う。但し、血圧や心臓に心配ない人に限る。

効果: ぬるい湯は副交感神経優位で、心身を鎮静させる作用がある。ヒステリーもこれで解消。熱い湯は身体の中の血液がかき回されて、頭と神経のイライラをさっぱりさせる。

2)安眠したいとき

入浴法:一般には36~38℃のぬるめの湯にゆっくりと入ると良い。

効果: 身体の緊張が取れて、本来の疲れがどっと表に出てくる。神経は鎮静化。

3)これから一仕事したいとき

入浴法:42~43℃の熱い湯に短時間。長湯は厳禁。

効果: 交感神経を刺激して、心身の緊張を高める。朝風呂の効用もこれ。

4)足のむくみ、足の疲れを取りたいとき

入浴法:40℃前後のややぬるめで、たっぷり入れた湯に、深く長く入る。

効果: 水圧の原理を生かす。深くつかるほど圧力は高くなる。但し、おなかにも圧力がかかるので、妊娠中は避ける。

5)筋肉の疲れを取りたいとき
入浴法:42~43℃熱めの湯に入る。血圧や心臓に自信のある人は、シャワーを当てるのも効果がある。

効果: 血行をよくして、疲労物質を早く取り除く効果がある。

6)肌を美しくしたいとき

入浴法:一番風呂は避ける。39~41℃あたりの、ややぬるめの湯のほうが良い。あまり長時間入って肌をふやけさせないこと。

効果: 熱い湯に入ると皮膚を乾燥させ、肌の老化を早めやすい。あまり石鹸でこすらないこと。入浴後は、保湿剤の補充を十分に。

              (参考:日本薬剤師会雑誌第52巻6号)

前
入浴剤の効果とメカニズム
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
心臓の魔の時間

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project