ホーム
2017年7月22日(土)23時42分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  イビキ

【イビキのメカニズム】

睡眠時は、舌や咽頭などの筋肉が弛緩するため、健康な人でも上気道が狭くなります。これに鼻閉など上気道を狭窄する要因が加わりますと、換気障害が起き、動脈血中の酸素分圧が低下します。その結果、反射的に呼吸運動が増強されて呼吸気圧が上昇し、狭窄した気道の粘膜が振動して音が発生します。これが「イビキ」です。

【イビキの治療】

軽いイビキは病的なものではなく、治療の必要はないのですが、イビキと共に睡眠時に呼吸が頻繁に停止する重症例では、日中に倦怠感や眠気など活動力の低下といった症状が出現するため治療が必要となります。中でも、睡眠中に10秒以上続く呼吸停止が1時間あたり5回以上起こる「睡眠時無呼吸症候群」は、夜間の低酸素血症により、
心不全などの心血管系疾患を合併する危険性が高まるため早期の治療が必要になります。

また、医学的には治療の必要のない軽いイビキでも、家族の安眠を妨げるなどの理由から、治療を希望する患者さんも多いようです。

睡眠時無呼吸症候群やイビキの治療では、上気道狭窄の原因を除去することが目的となります。鼻中隔彎曲症や扁桃腺肥大といった鼻や咽頭の構造異常がある患者さんは、これらを手術で矯正することで上気道の狭窄が改善します。

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎など、鼻疾患を原因とするイビキでは、鼻・副鼻腔洗浄やネブライザー療法といった局所療法と薬物治療を併用します。

副鼻腔炎のある場合の治療薬には、ダーゼン(消炎酵素剤)とムコダイン(気道粘液溶解剤)などが多くの場合に処方されます。ムコダインは粘膜上皮の線毛運動を活性化させることなどにより、鼻腔の排膿を促します。ダーゼンは、粘液の成分であるムコ蛋白に作用し、副鼻腔の粘液の量や粘度を低下させます。したがって、これらの薬剤を服用することによって慢性副鼻腔炎が改善すれば、イビキも緩和されることになります。
                  (参考:NIKKEI Drug Infomation)

前
脂漏性皮膚炎
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
糖尿病と目

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project