ホーム
2017年4月25日(火)9時52分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  ストレス

ストレスという言葉は、1936年にカナダの生理学者ハンス・セリエ博士が、環境因子によって身体に何らかの影響が及ぼされることを指摘し、それをストレスと発表(ストレス学説)したのがきっかけで世界中に広がりました。実際にはストレス源(ストレッサー=環境因子)が身体または精神に「ひずみ」を起こす状態をストレスというのですが、ストレス源そのものをストレスと表現するようにもなりました。一般にストレス源になるのはマイナス要因のみと誤解されがちですが、うれしくても悲しくてもストレスになります。ただ、同じ要因でも人によって感じる度合いが違いますし、ストレスを乗り越えて成長する場合もありますから、セリエ博士はよい影響を与えるストレスをユーストレス、悪い影響を与えるものをディストレスと区別しました。

その後、生活上のあらゆる出来事がストレス源になることに着目したアメリカの社会性理学者モームズとレイが、1967年に100項目の「生活出来事一覧表」を作りました。そしてストレス度の高い順から点数をつけ、合計点数が300点を超えると80%の人が病気になると発表しています。

わが国では筑波大学の宗像恒次郎教授が37項目の改良版「生活出来事尺度」を作りました。例えば、収入が大幅に減った、家族が病気になったといった悪い出来事だけでなく、結婚した、子供が産まれたなどのうれしい出来事もストレス要因としてあげています。つまり変化があればそこになんらかのストレスがあるということです。

ストレスには外から来るものと、それに反応して内(感情)に起こるものがあります。またウィルスや花粉などでアレルギーが出たりするのもストレスですし、頭痛や胃痛などもストレス要因
であり、結果でもあるわけです。


【ストレッサーの5分類】

1)物理的ストレッサー: 温度、光、音、過労、睡眠不足など

2)化学的ストレッサー: タバコ、アルコール、食事や食品、排気ガス、ホコリ、臭気など

3)生物学的ストレッサー: 細菌、カビ、花粉、動物の毒など

4)心理的ストレッサー: 不安、不満、怒り、憎しみ、喜び、悲しみ、優越感、嫉妬、劣等感など

5)社会的ストレッサー: 職場、家庭、ライフサイクルなど

                     (参考:新薬と治療Vol.50)

 

前
糖尿病と目
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
高齢者のうつ病

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project