ホーム
2017年12月13日(水)4時59分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  良いホームドクターとは

良いホームドクターとは

1)優れた知識と技術を持ち合わせている
2)その知識と技術を用いて病気の状態を十分に把握し、患者にきちんと説明して不安を取り除いた上(インフォームドコンセプト)で、患者と共に疾患ととりくむ姿勢を持つ
3)設備や疾患の専門性などによる限界を見極めて、然るべき適切な病院を紹介できる(大きな病院との連携がとれている)


という3つの条件に当てはまることが望ましいように思います。

大きな病院は設備やスタッフが充実していますが、待たされたり診察がほんの数分だったりときめ細かな対応が望めません。その点町の開業医は気軽に利用でき、患者一人ひとりの体質や微妙な状態をも把握してもらえるという点があるので、ホームドクターには適しています。さらに双方が協力しあえる連携体制を持ち、ほかの大きな病院を紹介したホームドクターが、紹介先の病院でもその患者さんの病状を把握し治療に参加できたり、落ちついたら再び元のホームドクターにスムーズに戻れることが理想的です。最近ではまだ数は少ないですが、開業医でありつつも大学病院でも診察を受け持つ医師などには、それを実現させているケースもあるようです。

責任の所在や諸々の関係で普及率はまだまだのようですが、これからの医療がもっと開放的になって、病院間を行き来するのもスムーズになるときがくることを願いたいものです。

前
認知症とストレス
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
むくみ

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project