ホーム
2017年7月27日(木)5時43分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  うつ病患者さんへの配慮

うつ病やうつ症状を持つ患者さんに対して、気をつけなければならないことがあります

1)励まさない
  励ましは患者さんにとって非常に心理的な負担となり、応えられないことにますます苦しんで「死んだほうがましだ」と考えることもあります。

2)せかさない
  うつ病の患者さんは判断に非常に時間がかかるので、それをせかせることはよくありません。温かく見守り、ゆったりと対応することが大切です。

3.無理させない  うつ病の患者さんは早く会社に出ようとしたり、無理をしやすいのですが、無理するとせっかく良くなってもまた悪化したり薬も効きにくくなりますから、ゆっくり休養をとることが大事です。

4)気晴らし・運動をすすめない  気分転換の外出を奨めたり、散歩など運動を奨めるのも、患者さんにとっては苦しみでしかありません。

5)「必ず元気になれる」と言う  時に応じてこの言葉をかけることがとても大切です。これは励ましとは異なり、良くなることを保証してあげるもので、物事に非常に悲観的になっているうつ病の患者さんの心の支えとなります。

長く抗うつ剤を服用しているのに、症状が改善しない場合は、必ず医師に連絡してください。本当にうつ病なのか、それとも何か別の病気か、あるいは薬の副作用でうつ状態を呈しているのかなど、専門医の判断が必要です。

また、抗うつ剤服用後、症状がとれて元気になり、勝手に薬をやめてしまう患者さんもおられますが、結果的に病気が再燃し、かえって治療が長引いて患者さんも周囲も苦しむことになりますので、薬の服用に関しては、医師の指示に従っていただきたいと思います。
 

前
むくみ
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
ニンニク

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project