ホーム
2017年5月29日(月)18時26分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  アキレス腱がきれる、とは?

【アキレス腱が切れる】

腱は光沢をもった丈夫な結合組織の線維束で筋肉を骨の付着部または別の構造につなぎ、筋線維の力を一点に集中するうえで重要な役割を果たしています。アキレス腱は、下腿三頭筋を足のかかとに付着させている人体最大の強力な腱です。

アキレス腱断裂は下腿三頭筋に強い張力が生じている状態で、急激に足関節(足首の関節)の背屈(上方に曲がること)を強制されたときに起こりやすいとされています。

好発部位はかかとから2~4センチで、経験者の多くは断裂時の強い痛みについて「ボールが当ったような」あるいは「背後から棒で叩かれたような」感じ、あるいは「ブツッ」「バン」という断裂音を聞いたことを訴えます。またかかとの上を左右比べると断裂した方は弾力がなくなってへこんでいます。次いで出血のために足部に内出血ができます。つま先立ちはできない状態です。

患者をうつぶせにし、患肢の膝を軽く曲げさせ、片手で患者のふくらはぎを掴むと、アキレス腱が正常であれば足は底足(足首が下方に→このテストの状態では天井に向かって屈曲)しますが、断裂していると足の位置はかわりません。

アキレス腱断裂は、30~40歳代に多発し、8割がスポーツ外傷とされていますが、中年以降ではちょっと足を踏みはずした程度でも切れることがあります。

腱組織は25~30以降、加齢とともに弱くなります。アキレス腱の周囲は普段でもあまり血行の良くない場所で、40歳前後に多いのも腱などの柔軟性がなくなってきているためと考えられます。

【治療と予後】

アキレス腱断裂の際の応急手当としては

1)すぐうつぶせに寝かせ、足の甲をできるだけ床面につけるようにして足先を伸ばしアキレス腱を暖める形をとる
2)できれば副木を使って膝の上(大腿部)から足先まで固定する
3)立ったり歩いたりしないで、うつぶせのまま医師のもとに運ぶ

ことが理想です。

断裂部は腱細胞の再生と結合組織の増生によって癒合しますが、中年以後は後者が主体です。

治療は保存療法と手術に大別されます。前者では、切れたアキレス腱の両端をできるだけ近づけてギプス固定し、足先から膝上まで2週間、足から膝下まで3~4週間の計6週間程度かけて自然治癒を待ちます。
後者では断裂した腱を30分~2時間程度の手術で縫合しますが術後約6週間のギプス固定が必要です。

いずれもギプスがとれた後、足関節の可動性を回復させる訓練を行います。前者の場合は再断裂の危険性があります。完全断裂の場合、再びスポーツができるまでに前者では9~12ヶ月、後者では6~8ヶ月くらいかかるとされています。
                    (参考:PARMAVICION VOL.4)
 

前
アルツハイマー病と食事
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
不整脈Q&A

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project