ホーム
2017年11月19日(日)15時46分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  妊婦と航空機旅行

妊娠は病気ではないので、原則的には旅行を含めた生活活動に制限はないと考えられます。機内環境は一般的には正常妊娠に対しては危険ではないと考えられており、航空機旅行が流産の危険を増加させるという報告はありません。しかし、搭乗中には機内環境の特殊性ゆえにさまざまなストレスがかかるため、妊娠ならびに胎児への影響を考慮する必要があります。

【機内環境と航空機旅行の特殊性】

通常、旅客機はその性能や目的地までの距離や気象状況、搭載重量などに応じて24000~43000フィート(約7000~13000m)の高度を航空します。機内は与圧装置によっても外気圧よりも高い圧力がかけられています。しかし、機体構造の限界のため、機内の気圧は与圧を行っても地上気圧よりも高い圧力、すなわち5000~8000フィート(約1500~2000m)の高度にいるのと同程度までの与圧にとどまっています。健常人の場合、海面高度における気圧は760mmHg、PaO2(動脈血酸素分圧)は98mmHg ですが、高度8000フィートにおいては気圧565mmHg、PaO2は55mmHgであり、酸素飽和度は90%です。

また、機内の温度は調整されていますが、客室内の空気の加湿は行っておらず湿度は著しく低くなっています。一般の旅客機における湿度は10~20%です。機内の空気については、今日多くの航空会社が全便禁煙としているので、タバコの副流煙に暴露される心配はなくなりました。機内の空気のおよそ50%は再循環していますが、最新の航空機はHEPAフィルターを装着しており、0.3micronまでの大きさの粒子を91~99.7%捕捉するとされ、空気中の細菌などはその多くが除去されます。しかし、インフルエンザや風疹などのウィルスはその大きさから考えて、十分な除去は難しいと考えられます。


【妊婦の航空機旅行】

妊娠時期として旅行に最も適しているのは、安定期である妊娠28週ころまでとされています。例を日本航空にとると、妊婦の搭乗制限に関する取り扱いは次のようになっています。

航空機の搭乗に際しては、出産予定日から28日以内の妊婦は、旅行開始日より7日以内に作成された医師の診断書を要することになっています。但し、国際線においては出産予定日から14日以内、国内線においては出産予定日7日以内の搭乗の場合は産科医の同伴が条件となります。しかし、搭乗可能な妊娠時期においても、出血、腹痛がある場合、つわりが著しい場合、切迫流産、子宮外妊娠、習慣流産、前置胎盤、頚管無力症、妊娠中毒症などの診断を受けている場合、またヘモグロビン値が8.5g/dl 以下の貧血の場合、繰り返す血栓性静脈炎の既往がある場合は、旅行を見合わせるように指導するようになっています。

【航空機旅行をする妊婦へのアドバイス】

機内では、気圧の低下に伴い腸管内のガスが膨張するので炭酸ガス飲料を飲むのは避けることが望ましく、また、飛行機酔いによる嘔吐が妊娠初期には助長されやすいので注意が必要です。シートベルトの長さが不足する場合には延長用のベルトが機内に搭載されています。エコノミークラス症状群(狭い機内に長時間座ったままのために発症する深部下肢静脈血栓症)の発症をさけるためにも、機内ではできるだけ1~2時間毎に通路を歩行し、水分を充分に摂取しましょう。
                         (参考:臨床と研究

前
不整脈Q&A
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
身体と水分

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project