ホーム
2017年5月27日(土)17時02分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  傷治療の常識に誤り

すりむき傷などは消毒してガーゼを当てるという治療が誤りであるという説が広まっています。
その理由は、消毒薬は細胞に毒として働き、細菌を殺しますが、それ以上に傷口を治そうとする細胞をも殺してしまうことにあります。外科系雑誌「消化器外科、術前・術後管理マニュアル」(98年)にも「消毒液で創面(傷面)を拭いている場面をよく目にするが、これは創治癒を障害する」と書かれています。

すり傷が治るメカニズムは
すり傷で出血→血を固める血小板が出る→死んだ細胞や細菌を除去しようと好中球、マクロファージといった細胞が登場する→こんどは傷口をくっつようとする線維芽細胞が集まり→表皮細胞がやってきて傷口を塞ぐ、というようになっています。重要なのは、それぞれの段階で、様々な細胞成長因子が分泌され、傷を治そうと働くことです。
細胞成長因子とは傷口のジュクジュクのことですが、傷を治そうとしている細胞を殺すのが消毒であり、細胞は乾くことで死んでしまいますが、乾かしてしまうのがガーゼなのです。化膿が心配で消毒するということになりますが、傷面に異物や壊死組織が無い場合には化膿の心配はありません。
消毒薬にはイソジン(ポピドンヨード)などが使用されますが、イソジンを異物や壊死組織のあるところに使用すると、殺菌力は急速に低下し、殺菌力が無くなっても、創面の細胞を傷つける力が残ることがわかっています。

それではどのような方法が正しい傷の手当てなのでしょうか。傷面に異物・壊死組織がある場合は局所麻酔し、水道の流水で徹底的に取り除きます。多少出血しても止血は不要で、消毒薬も不要です。その後水気を拭き取ったら、創傷被覆材で覆います。
これが今傷の手当てとして最も正しいとされている方法です。傷にかさぶたができているときには、かさぶたは壊死組織なので、即刻除去するのが正しい考え方です。かさぶたができたら治る、はがしたら治りが遅くなるというのは間違いです。かさぶたの無い状態にして、創傷被覆材で覆うのが、傷が治る最も早道です。

消毒しないで創傷被覆材で覆うと細菌が増えるのではないかという疑問がありますが、消毒・ガーゼと比べ、創傷被覆材で覆って密閉状態にしたほ
うが感染率が低いと報告されています。
この治療法はガーゼの取換えも無く、消毒でしみることも痛みも無く早く治る方法で、傷口は約24時間で塞がると報告されています。

:創傷被覆材は傷の状態により種類があります。床ずれ治療によく使われますが、外傷
   治療にも保険が適用されます。
                        (参考:くらしの百科?2121)
 

前
飲酒習慣と寿命
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
認知症を学ぶ

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project