ホーム
2017年9月20日(水)16時37分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  コンブ

四方を海に囲まれた日本では、古来からコンブをはじめとする海藻類が常食されてきました。ビタミンやミネラルを豊富に含むコンブは、野菜が不足する冬場には、それらの栄養素の重要な供給源でもありました。また、コンブは「えびすめ(夷布)」「ひろめ(広布)」などの古名を持つことから、「喜ぶ」「広める」として、結婚式や正月などの慶事に欠かせない縁起物にもなっています。

フコダイン

コンブなどの褐藻類の特有なヌルヌルした粘りは、フコダインという多糖類によるものです。フコダインにはいくつかの種類があり、そのうちの一種が人のガン細胞の自殺、すなわち「アポトーシス」を誘導する作用を持つことが最近明らかになってきました。アポトーシスとは、細胞が自己の持つプログラムにより、計画的に脱落死する現象です。さらに別の種類のフコダインに肝細胞増殖因子の産生を誘導する作用があることもわかっています。肝細胞増殖因子は組織器官の形成や再生の必須因子と考えられており、肝硬変や肝不全などの慢性疾患を改善する治療薬としても期待されています。ある実験では、肝臓の一部を切除した
ラットの腹腔内にフコダインを投与したところ、血中の肝細胞増殖因子濃度の上昇が認められました。この結果からコンブなどの海藻類を常食して得られる効用は、フコダインの肝細胞増殖因子産生誘導作用に起因することが明らかにされました。
また、フコダインは花粉症などのアレルギーを引き起こすIgE の産生を抑制することもわかっています。島しょ・海浜地区など、海藻類を比較的多く摂取する地域の居住者のアレルギー発症率が顕著に低いことは、多くの疫学的調査から明らかになっています。この現象にはn-3系脂肪酸を含む魚類の摂取量だけでなく、海藻類の摂取量も関係しているのではないかと推測されています。
フコダインは細胞の新陳代謝を活発にし、皮膚に潤いや張りを与え、肌を美しくする働きもあります。フコダインは藻体の表面近くに存在し、水分保持の働きも担っていることからもうなずける効用です。

他の成分

コンブのぬめりの中にはアルギン酸も含まれています。アルギン酸には血中コレステロール値や血圧を下げる働きがあり、整腸作用、利尿効果もあると言われています。
コンブには、特にカルシウム、マグネシウム、カリウム。鉄、ヨードなどのミネラルが豊富で、消化吸収率も高く、低カロリーで食物繊維が多く、生活習慣病の予防にもすぐれた食品です。
カリウムは高血圧を誘因するナトリウムを排泄し、マグネシウムには血圧をコントロールする働きがあります。ヨードは甲状腺ホルモンの構成成分で、甲状腺機能を亢進させます。また、体内の代謝を活発にするため、特に発育期の子供にも重要な成分です。

沖縄の代表的な郷土料理「クーブイリチー」は千切りにした昆布を豚肉やコンニャクと一緒に煮込んだものです。沖縄県の1人1日当たりのコンブ消費量は全国平均の1.5~2倍で、長寿の要因と言われています。実際でも沖縄県のガン死亡率は全国で一番低くなっています。しかし、コンブ消費量トップの富山県はガン死亡率が高いのです。両者の違いはコンブ摂取方法にあると考えられます。ダシを取るだけでなく、コンブそのものを食べてこそ、より効果が期待できるのです。

日本人の海藻類の摂取量は1日平均5.5gとされていますが、低年齢層ほど摂取量が少なくなっています。ダシを取ったコンブも捨てずに利用したり、毎日の食事に取り入れていきたい食品です。
                     (参考:NIKKEI Drug Infomation)
 

前
アロエの効用
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
ビタミン信仰への憂い

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project