ホーム
2017年5月27日(土)17時03分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  心的外傷後ストレス障害(PTSD)

1.心的外傷(トラウマ)とは

トラウマとは、実際にまたは危うく死にそうになる、大けがをしそうになるなど、るなど、自分自身の存在が脅かされる出来事を直接個人的に体験すること、他人が死んだりけがをしたりという危険が及ぶ出来事を目撃すること、親しい人が暴力的な形で死んだりひどい傷を負ったりしたことを知ること等、個人の対処能力を超える大きな打撃を受けたときにできる精神的な傷のことです。
このような打撃とは、戦闘、個人的暴行(性的暴行、身体的攻撃、略奪、強盗)、誘惑されること、人質になること、自然災害、激しい自動車事故、または致命的な病気を診断されることなどがあり、暴行や事故、戦争や災害に
よる他者のけがや死を目撃すること、他人の体験を知ることもトラウマになることがあります。

2.PTSDの症状

次のような症状がみられたときに、専門医はPTSDと診断します。
1.ある出来事に対するその人の反応には、強い恐怖、無力感または戦慄が伴なっている
2.その外傷的な出来事を持続的に再体験する
3.外傷と関連した刺激を持続的に回避し、全般的反応性が麻痺する
4.持続的な覚醒亢進症状

2の再体験とは、突然その場面の映像がありありと浮かんだり、感覚や錯幻覚として現れたり、出来事を繰り返す辛い夢を見たり、そのことが本当に起こっているように感じたり行動したりすることです。何かのきっかけ(音、臭い、色など)から強い心理的苦痛を感じ、動悸、冷や汗、震えが起こることもあります。
3では、外傷と関連した思考、感情、会話を避ける、思い出すような活動や場所、人を避けることがあり、外傷的出来事のある場面が思い出せないこともあります。やる気が落ち、他の人から遠のいていると感じ、気持ちが縮み、「来年まで生きられないのではないか」「このまますぐに死ぬのではないか」と思い込むこともあります。また、周囲からみてぼんやりしていたり、逆に平然として見えることもあり、そう評価されることで、ますます本人が孤立することもあります。
4の覚醒亢進とは、眠れない、怒りっぽい、集中できない、警戒心が行きすぎる、ちょっとしたことでビクッとするなどです。このような症状の揃った状態が1ヶ月以上続き、それによって苦しみ、社会的職業的にも大きな障害をきたしているときには、PTSDと診断されます。

3.子供の場合の症状

上記は大人に見られる症状ですが、子供の場合には、たとえば、外傷的な出来事の後で、恐怖戦慄というよりも、まとまりのない興奮した行動になったり、遊びの中で外傷を繰り返したり、夢もはっきりとした内容のない恐ろしいものであったりすることがあります。

4.治療

治療はカウンセリングや薬物療法が主体となります。不眠や食事の障害から日常生活に支障をきたすことが多く、身近な人の温かい気配りや援助が大切です。また、症状から「自分は変になってしまった」と不安を抱くことが多く、それが「PTSDの症状であること」を知ることが助けになります。そのうえで、治療の中で辛い記憶を無理の無いペースで取り上げていき、症状や記憶をコントロールできるようにしていきます。不幸にして痛めつけられた心も、適切な手当てをして時間をかけることで、もとの力を取り戻していきます。症状がみられたときには、早めに専門家の診断と治療を受けることをお勧めします。(参考:薬剤師国保健康生活)

前
脚気にまつわる逸話
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
紫外線の作用

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project