ホーム
2017年5月27日(土)17時03分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  梅の効用

梅の原産地は中国の長江流域とされ、中国では古くから、青梅を燻製・乾燥させた「烏梅(うばい)」が、下痢・嘔吐・食欲不振などの治療に利用されてきました。
日本に梅が伝来したのは、今からおよそ1500年前と言われています。やがて塩漬けが考案され、梅干が作られるようになりました。すでに安土桃山時代には、武士の戦場における保存食として、梅干が重宝されたという記録があります。江戸時代には、庶民にも広く食されるようになりましたが、現在のように漬物屋などで大量生産されるようになったのは、日清・日露戦争で大量に需要が発生したのがきっかけだったようです。

梅の実が熟すのは6月頃ですが、他の果実とは異なり、そのままでは食べられません。核(種の殻の中の軟らかい部分)や未熟な実の果肉には、アミグダリンという青酸配糖体が存在し、これが酵素分解されることで毒性の高いシアン化水素が生成されるためです。シアン化水素の生成は、梅の実を塩や砂糖に漬けたり、加熱したり、アルコール漬けにすることで抑制できます。

【有機酸】

梅の特徴は強烈な酸味ですが、この酸味成分が体に良い効果をもたらします。具体的には、クエン酸、リンゴ酸、コハク酸、酒石酸、ピクリン酸など種々の有機酸がこれに当たります。中でもクエン酸には、疲労回復効果があります。これは、クエン酸により、体内のクエン酸回路(TCA回路、クレブス回路)が活性化されるためです。
グルコースは、まず解糖系でピルビン酸に代謝され、次にピルビン酸がクエン酸回路で水と二酸化炭素に分解されてエネルギーを産生しますが、この回路が鈍ると、ピルビン酸が効率よくエネルギーに変換されず、疲労物質である乳酸が体内に蓄積し、疲労感をもたらします。クエン酸を摂取してクエン酸回路を活性化させることで、乳酸の産生が抑制されたり、蓄積していた乳酸がピルビン酸に再変換されるため、疲労の予防・回復降下が得られるのです。

梅干の腐敗防止効果にも、クエン酸をはじめとする有機酸が関係しています。様々な種類の梅干を調べた実験では、抗菌作用は、塩分含有量と有機酸含有量のどちらにも比例しれたという報告があります。腐敗防止に重要なのは塩分ですが、有機酸は塩分の抗菌効果を強化すると考えられています。

また有機酸には、胃腸の働きを活発にして食欲を増進させる作用、胃酸の分泌を高めて胃の粘膜を保護する作用、腸の蠕動運動を促し便通を改善する作用などがあります。梅干を食べると、酸味の影響で唾液分泌量が2~3
倍に増えますが、増加した唾液が消化を助ける効果も期待できます。さらに有機酸の一つであるピクリン酸には、肝機能を活性化させる働きがあり、二日酔いの症状緩和に有効です。

有機酸以外に梅の保健成分として注目されているのが「ムメフラール」です。ムメフラールには、血小板凝集抑制作用が確認されており、血液サラサラ効果が期待できます。クエン酸にも血流啓善効果があるので、梅ではムメフラールとクエン酸の相乗効果が期待できます。ただしムメフラールは、加熱した梅の果肉にしか存在せず、生の梅や梅干には含まれていません。加熱することで糖の一部とクエン酸が結合してできる化合物のためです。手軽に摂りたい場合には、完熟直前の青梅をすりつぶし加熱濃縮して作られた「梅肉エキス」を使用すると良いでしょう。
                    (参考:NIKKEI Drug Information)

前
紫外線の作用
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
甘草による偽アルドステロン症

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project