ホーム
2017年5月23日(火)10時12分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
トップ  >  漢方薬  >  血のバランス

血というのは、人間の身体の血液の流れで、特に女性の場合は 生理との関係で、血に関する病気が多く見られます。
「血の道症」がそれにあたり、血液の汚れによってシミができやすくなったり、あざができやすくなったりします。また、血がとどこおり、頭に昇るような状態になると、脳卒中などを起こしやすくなります。

症状としては、目が充血し、顔にシミが多くなり、ふきでものが出て、抜け毛が多くなり、めまい、頭痛、肩こりなどが起こります。

肝臓も、血の汚れの影響を受けます。肝臓は血液を解毒する働きをしますから、血の汚れがひどくなると、肝臓の働きも弱って、皮膚に湿疹ができたりという形で現れます。

婦人科系の疾患としては、生理不順、生理痛、子宮筋腫、膿腫などです。

血の病気に良い漢方薬としては、

冷えのぼせがあり、便秘する場合は、桃核承気湯
トウガクジョウキトウ

便秘のない場合は、桂枝茯苓丸
ケイシブクリョウガン

冷え性で、のぼせのない場合は、当帰芍薬散
トウキシャクヤクサン

精神不安が強い場合は、加味逍遙散 等を用います。
カミショウヨウサン
 

前
気のバランス
カテゴリートップ
漢方薬
次
水のバランス

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project