ホーム
2017年5月29日(月)18時27分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  温泉の効用

温泉に関心のあるかたが多いようですので、調べてみました。
(社会保険法規研究所出版「健康療法」、日経へルス1999年1月号を参考にしました)
………………………………
1.単純温泉

泉温25度以上で、含有成分が薄く、無色透明、無味無臭の温泉。成分はいろいろ含まれているが、泉質は温泉によって異なり、身体への刺激が少ないので、療養範囲が広い。

効能:神経痛、リウマチ、腰痛、皮膚病、外傷、やけど、骨折のリハビリに効果がある。飲用では胃腸虚弱に良い。

主な温泉地:湯布院(大分県)、作並(宮城県)、宇奈月(富山県)、道後(愛媛県)

2.二酸化炭素泉

溶け込んでいる二酸化炭素の泡が肌につく。一般に泉温は低いが、末梢血管を拡張させて血液の循環をよくするため、身体がしんから温まる。

効能:血圧を下げる働きがあり、心臓病、高血圧に効果がある。飲用すると、胃酸の分泌を正常に戻し、胃腸病や便秘にも効果があり、利尿作用も高い。

主な温泉地:稲子湯(長野県)、新平湯(岐阜県)、吉野(奈良県)

3.炭酸水素温泉

炭酸水素カルシウム、マグネシウムが含まれている湯と、炭酸水素ナトリウムが含まれている湯の2種類があるが、どちらも無色透明。アルカリ性で肌が滑らかになる。

効能:カルシウムやマグネシウム系はアレルギー疾患、やけど、切り傷などに効く鎮静作用がある。ナトリウム系は皮膚病、蕁麻疹などに良い。飲用すると弱った胃腸によい。

主な温泉地:赤倉(新潟県)、龍神(和歌山県)、塩原元湯(栃木県)

4.塩化物泉

1Kg中に500mg以上塩分を含み、口に含むと塩辛さが感じられる。弱食塩泉と食塩泉に分かれるが、両方とも保温効果に優れている。

効能:腰痛、リウマチ、神経痛、関節痛、筋肉痛、打ち身、手足の冷え、婦人病などに効果がある。飲用は胃腸の働きを活発にし、便秘にも良い。

主な温泉地:指宿(鹿児島県)、湯河原(神奈川県)、玉造(島根県)

5.硫酸温泉

主成分の硫酸の他、ナトリウムが溶けている湯、カルシウムが溶けている湯、マグネシウムが溶けている湯、アルミニウムが溶けている湯に分かれる。無色透明。

効能:ナトリウム系、マグネシウム系は動脈硬化、高血圧に良い。カルシウム系はリウマチ、切り傷、やけど、皮膚病、アルミニウム系は皮膚や粘膜を引き締める。

主な温泉地:熱海(静岡県)、法師(群馬県)、山中(石川県)

6.含鉄泉

湧きだしてすぐのときは無色透明だが、空気に触れると褐色の沈殿が生じ、錆色に濁る炭酸鉄泉と、硫酸鉄が溶けている強酸性の緑ばん泉がある。

効能:リウマチ、神経痛、湿疹、更年期障害などに良い。造血作用があり、身体も温まる。療養には、源泉に近い無色透明の湯のほうが効果的。

主な温泉地:赤石(山梨県)、翁島(福島県)、蔵王(山形県)

7.硫黄泉

硫黄が多く含まれ、卵の腐ったような臭いが特徴。硫黄泉の中でも炭酸ガスや硫化水素を含む物は特に硫化水素泉と呼ばれることがある。

効能:皮膚病、しもやけ、婦人病、神経痛、動脈硬化、高血圧。金属中毒など。皮膚の弱い人は要注意。

主な温泉地:登別(北海道)、弁天(千葉県)、大沢(岩手県)、雲仙(長崎県)

8.酸性泉

硫化水素や緑ばん、ミョウバンなどを含み、酸性で、口に含むと酸味がある。ほとんどが無色あるいは微黄色褐色。肌にしみるような刺激があり、殺菌力が強い。

効能:湿疹、水虫、疥癬などの皮膚病に効果がある。飲用は貧血にもよい。皮膚の弱い人は、強い刺激で湯ただれをおこすことがあるが、そうした場合には真水で洗い流す。

主な温泉地:蓼科(長野県)、蒸ノ湯(秋田県)、草津(群馬県)、那須湯本(栃木県)

9.放射能泉

ラドン、ラジウムが溶け込んでいる温泉。ラジウム泉とも呼ばれる。入浴だけでなく、飲用や吸入を併用することで、さらに効果が高まる。

効能:神経痛、痛風、リウマチ、糖尿病、婦人病、更年期障害など。自律神経失調症、心身症にも効果がある。

主な温泉地:入道(福島県)、増富(山梨県)、三朝(鳥取県)

…………………………………
ヨーロッパでは、温泉療法といえば、むしろ飲泉を主にしています。不潔な場所からわき出る温泉はもちろん飲めませんが、ヒ素、銅、亜鉛、フッ素、、ホウ素などが含まれている場合には飲み過ぎると害になります。温泉は時間がたつにつれて老化現象を起こし、有効成分が減りますから、湧出直後の清潔なものを飲んで下さい。
いずれにしろ、飲泉については専門知識を持つ医師の指導に従ってください。
 

前
睡眠と食事
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
温泉浴剤と飲泉の薬理効果

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project