ホーム
2017年8月20日(日)22時34分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  肩こりのメカニズムと対処

【肩こりのメカニズム】

健康な筋肉にはほどよい弾力があります。そしてこれは筋肉を形成している細胞内に水分や血液がスムーズに循環していることが基本となります。しかし同じ姿勢をずっと続けていたり、過労や睡眠不足が続いたり、ストレスがたまったりすると血行がにぶくなり、その結果、筋肉がはれ、動きが硬くなってきます。こうした筋肉のこわばりを「こり」といい、なかでも肩の周辺の筋肉に起こるものを「肩こり」と言います。

また、肥満も肩こりの原因の一つです。太ってくると、筋肉内に脂肪が貯まります。そうすると筋肉を保護している筋膜の中で筋肉自体はしめつけられたような状態になり、血行が悪くなるため、「こり」が発生してしまうのです。

正常な状態の筋肉は、筋肉内にたまった乳酸などの疲労物質が血液中の酸素によって分解されます。しかし、仕事などで長時間同じ姿勢をとっていたり、緊張が続いたりすると筋肉は硬くなり、血管が圧迫されて血液の循環が悪くなります。なかでも肩胛骨(けんこうこつ)をつりさげ、腕や手先を支えている肩のまわりの筋肉は非常に緊張しやすく、日常的なストレスや血圧の変化、自律神経の影響を受けやすい場所です。この肩の筋肉がこわばってしまい、筋肉内にたまった疲労物質の分解が効率的に行えなくなってしまうと、それらの不要物質(疲労物質)が周辺の神経を刺激して痛みが生じます。これが一般的な肩こりのメカニズムです。

【肩こりの原因と対処法】

肩こりは大きく分けて急性と慢性のものがあります。

急性肩こりは
 1:長時間、悪い姿勢や同じ姿勢で仕事をしたとか、コートが重
   い、眼鏡が合わないことなどからくる疲労
 2:極度のストレスや緊張
 3:寒さ

などが原因で起こる、一時的な筋肉疲労や血行不良が原因です。一方、慢性肩こりは急性の肩こりを起こす原因が蓄積して肩こりが慢性化したり、生まれつきの体型や内臓疾患が原因で起こります。

じっと同じ姿勢で仕事をしていたり、前かがみの姿勢を続けていたりすると、肩の周囲の筋肉が血行不良になり、緊張してきます。やがて、筋肉に疲労物質や痛みを起こす物質がたまり始め、その刺激が脳に伝わってさらに筋肉を緊張させて、こりや痛みが起きるというのが、肩こりのメカニズムです。どこかで原因を断ち切らない限り、肩こりはひどくなる一方ということになります。

その対処法は、仕事中ならば、肩を回すなどの簡単な体操をするのが一番簡単な方法です。よく、首を回す人がいますが、頸椎の老化を促進して肩こりの原因になることもありますので、やらないいほうが無難でしょう。

家では、お風呂にゆっくりつかったり、こりがひどい場合には、水とお湯を交互にかけると、筋肉の緊張がほぐれ、血液循環もよくなります。またドライヤーを当てたり、使い捨てカイロを利用したり、蒸しタオルを使うのも効果的です。
マッサージや肩たたきも効果がありますが、あまり強くやりすぎるとかえって悪化させることもありますので、注意してください。

次に肩こりの予防法をあげてみます。

1.正しい姿勢
 立つときも座るときも、姿勢を正しくしましょう。ただし、胸をそらしぎると背骨のカーブが崩れて負担がかかります。
2.スポーツに親しむ
 肩こりも五十肩も、肩を動かす習慣をつけているとかなり予防になります。日頃からスポーツに親しむことをおすすめします。

3.左右の肩をバランスよく使う
 ショルダーバッグを同じ肩ばかりにかけたり、荷物を片方の手だけで持ったりしないいで、時々肩や手を替えて左右平均して使いましょう。

4.肩を冷やさない
 肩の冷えは、血行が悪くなる原因です。特に冬は寒さ対策が必要ですが、着込み過ぎると、その重みで筋肉が緊張して肩こりになるので注意してください。

5.目の疲れにご用心
 長時間の運転やOA機器操作は、目の疲れ、肩こりの誘因になります。時々休憩をはさむなどの対処が大切です。

6.身体に合った寝具を選ぶ
 睡眠中の不自然な姿勢は肩こりの元になります。高すぎる枕や枕では頸椎に湾曲がなくなり、低すぎる枕や枕なしでは首が後ろに反ってしまいます。あおむけになったときに、頸椎が自然な湾曲に近い形になる枕と、身体が沈んだりしない少し固めの敷き布団やベットを選びましょう。

7.ストレスや疲労をためない
 ストレスは身体に様々な影響を及ぼします。睡眠を十分とり、適度な運動と気分転換などを生活の中にうまく取り入れることが大切です。
 

前
腰痛のメカニズムと予防
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
ストレスと病気

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project