ホーム
2017年11月19日(日)15時59分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  酵素の作用

酸素には次のような効能があります。

1.集中力アップ  
 大量の酸素を必要とする脳は、酸素が不足すると思考力が低下するなど敏感に反応します。反対に酸素を十分に補給すると脳を活発にするα波が増加し、集中力や記憶力が高まるといわれています。
2.スポーツ力のアップ
  酸素はエネルギーの元です。スポーツ時の酸素の必要量は、通常の510倍といわれています。スポーツでよい成績を上げるには、酸素を効率よく取り込むことが大切です。
3.疲労回復
  エネルギー源となる糖分(グリコーゲン)が分解されるとき、疲労物質といわれる乳酸が発生します。この乳酸が体内に溜まると疲労感を感じますが、酸素が十分にあると乳酸が分解され、疲れをすばやく回復させることはできます。
4.二日酔いの予防と改善
  アルコールを分解する時、大量の酸素が消費されます。その過程で酸素が不足すると、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを発生させると考えられています。血中のアルコールやアセトアルデヒドの分解を促進する酸素は、二日酔いの予防と改善に役立ちます。
5.スタミナアップ
  スタミナを高めるには、エネルギー効率を高めることが大切です。酸素を多く摂取するほど、スタミナがアップします。

酸素を上手に摂取するには

1.室内環境を見直す
  冷暖房を完備した気密性の高い住宅では、換気をすることが酸欠状態改善の第一歩です。
2.有酸素運動をする
  水泳やウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動は、大量の酸素を体内に取り込んで、酸素を体のすみずみまで行き渡らせる効果があります。有酸素運動を生活に取り入れて、酸素効率を高めましょう。
3.活性酸素の解消
  私たちの体は、酸素を利用する過程で、細胞を傷つける活性酸素を生成します。酸素を有効に利用するには、活性酸素の害から体を守る働きがあるといわれる抗酸化物質を食品から摂取することも大切です。抗酸化物質を多く含む食品には、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、レンコン、ナス、赤ワイン、黒ゴマ、ソバ、お茶などがあります。
              (参考:酸素美容健康法 現代書林)
 

前
酵素の働き
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
脳の老化を防ぐポイント(1)

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project