ホーム
2017年9月20日(水)16時38分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
トップ  >  病気・養生・その他  >  脳の老化を防ぐポイント(1)

1.「好き」「楽しい」ことを実行する  人間の脳細胞は胎児の間は増殖しますが、誕生してからはその数は増えないばかりか、脳の神経回路が完成する20歳を過ぎると、1日に十万個もの神経細胞が死滅していくといわれてきました。ところが最近の研究で、大脳辺縁系にある海馬部分の神経細胞は歳をとっても増殖することが発見されました。さらに刺激のある生活を送っている人の海馬の神経細胞は、減少するよりも増殖する数のほうがまさり、記憶力も高まることが報告されています。また、海馬の神経細胞を増やすには、「好き」なことや「楽しい」ことが有効であることがわかっています。

2.左右の脳をバランスよく使う
  人間の脳は右脳、左脳に分かれていて、それぞれ異なった役割を担っています。左脳は本を読んだり、文字を書いたり、計算するときに使われる脳で、デジタル脳とも呼ばれます。右脳は空間や図形認識、直感、音感に優位な脳で、アナログ脳とも呼ばれています。情報を収容する能力が高い左脳人間は、常識をわきまえ社会性には富みますが、応用がきかず創造性に欠ける面があり、右脳人間は、感情豊かで直感力にすぐれるものの、協調性を欠く傾向にあります。いずれも長所短所があり、どちらが良いというものではありません。脳の老化を防ぐには、左右の脳をバランスよく使うことが大切です。

体の半分は左脳が、左半分は右脳が支配しています。ということは、右脳を刺激するには左手を使うことが勧められます。もし、右利きの人が利き手ばかりを使っていては、右脳と左脳のバランスがうまく保てないことになります。
また、右脳を効果的に働かせるには音楽を聴いたり、自然界の風のそよぎや小鳥のさえずりなどを耳にするのもお勧めです。

3.計算ドリルに挑戦する  書店で大人向けの計算ドリルも見かけるようになりましたが、簡単な計算や音読を継続することで、脳の働きが高まり記憶力も高まることが報告されています。

4.家の中は素足で歩く
  素足で歩くと足からの刺激が背筋を通ってそのまま脳への刺激になり、脳を活性化します。足の裏には脳をはじめとする体の器官に刺激を与えるツボが集中しているので、素足で歩くことで、より足裏に刺激が与えられ、脳や内臓への各器官への刺激になります。また、素足でなく歩くこと自体も脳への刺激になるので、ウォーキングは脳の活性化にはとてもよいことです。

5.夜型でなく、朝型に  夜は精神的にも肉体的にも疲れがたまり、脳の力が低下します。脳のためには夜更かしすることより、早く寝て、翌朝活動するほうが望ましいといえます。
人間の知的作業の能率や運動機能は1日を通じて必ずしも一定ではなく、脳内にある「体内時計」で制御されており、これには体温の上昇が深いかかわりを持ちます。
人間の平均体温は36℃で、午後2時ごろにピークを迎え、午前4時ごろ最低になります。エネルギーが燃焼するとき体温も上昇し、脳による体の機能も活発に働きます。ですから、体温が上昇する時間帯に作業をすれば能力アップがはかれることになります。

6.恥ずかしいという気持ちを捨てて、好奇心を旺盛に  大人になると知らないことを恥ずかしく感じたり、他人に聞く事を恥と考える人もいるようです。わからないことに興味を持ち、調べることを実行する人は好奇心が旺盛といえます。好奇心は脳の細胞を活性化するのに欠かせないもので、それが無くなると、脳の老化はどんどん進行してしまいます。

7.ストレスを抱え込まない  まったくストレスのない生活を送っている人は、ボーっとして、反って脳を退化させてしまいます。そのため、脳にとってはある程度のストレスや緊張感は必要といえます。しかし、過度のストレスや、長期間にわたっての強度のストレスを感じることは、脳にもよくありません。

  人はストレスを受けると、大脳辺縁系に異常な興奮を起こします。すると血管が収縮し、心臓に負担がかかり、血圧が上昇するなど、ストレスに対する特有の症状が体に表れてきます。この状態が日常化すると、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を起こしたり、悪いケースでは脳卒中や心筋梗塞による突然死を招きます。脳の老化を防ぐにはストレス解消がとても重要なことです。
                        (参考:ほんとうの時代168号)

前
酵素の作用
カテゴリートップ
病気・養生・その他
次
脳の老化を防ぐポイント(2)

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project