ホーム
2017年5月01日(月)11時32分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
トップ  >   >  抗アレルギー薬と月経異常

抗アレルギー剤の月経への影響ではオキサトミド(商品名:セルテクト)がよく知られており、その作用機序の一つとして、ドパミンの抑制作用による高プロラクチン血症がいわれています。それらは商品発売企業が提供する患者向けの冊子の副作用の欄に「生理の遅れや生理の症状がひどくなる、男性胸がふくらんできた(めったに起きませんが、薬がある種のホルモンの分泌を促したことによる)」と症状を記載し、患者への注意を促しています。

しかし、抗アレルギー剤の月経への影響は、ドパミンに関連したものだけではなく、ヒスタミンやロイコトリエンなどのケミカルメディエーターが関与している可能性が指摘されています。たとえばヒスタミンによる黄体形成ホルモンの血中濃度の上昇が有名です。そしてこの作用は、視床下部のH1受容体を介したものとされ、H1拮抗剤により阻害されることか知られています。黄体形成ホルモンの低下は無月経などの月経異常を引き起こすと考えられます。実際、抗アレルギー剤の添付文書の副作用の欄に月経異常(エバスチン、塩酸アゼラスチン、塩酸エピナスチン、トラニラスト、フマル酸エメダスチン、フマル酸ケトチフェン、マレイン酸クロルフェニラミン、メタキジン)、月経障害(オキサミド)、月経不順(塩酸セチリジン)と記載されています。また、厚生労働省の医薬品副作用情報?126の「薬剤と月経異常」では、抗アレルギー剤による月経異常発生に関する注意が呼びかけられています。大阪府医薬品等副作用
研究会の医薬品等の副作用に関する調査研究報告書(兵制4年度版)を参考にだされたこの情報では、抗アレルギー剤による月経異常は、月経周期が短くなるタイプがほとんどとしていますが、必ずしもそうとはいえずに、無月経、月経周期の延長、月経期間の延長など様々な訴えがあったと報告されています。

以上のように、抗アレルギー剤の月経異常に関しては、その発生機序など明らかでない部分が多く、また月経周期そのものが様々な影響を受けることから、月経異常が必ずしも抗アレルギー剤の服用によるものと断定はできませんが、その可能性は重視するものと考えられています。               (参考:薬立つ話 37)

前
熱と解熱剤
カテゴリートップ
次
小児の気管支喘息治療剤

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project