ホーム
2017年6月25日(日)19時36分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...
トップ  >   >  花粉症の市販薬

花粉症に使用される市販薬には、内服薬、点鼻薬、点眼薬などの種類があります。そこには次のような成分が配合されています。

1.抗ヒスタミン薬
  (マレイン酸カルビノキサミン、マレイン酸クロルフェニラミンなど)
  肥満細胞から遊離するヒスタミンが、神経や血管に刺激を与えないようにします。内服薬、点鼻薬、点眼薬に入っています。鼻の場合は鼻水やくしゃみなどに効果があります。目では、目のかゆみや涙目に効果があります。即効性がありますが、眠気などの副作用が起こることがあります。

2.血管収縮剤
  (塩酸プソイドエフェドリン、塩酸ナファゾリン、塩酸フェニレフリンなど)
  粘膜の血管を収縮させる作用があります。内服薬や点鼻薬、点眼薬に配合されており、鼻の場合は鼻の粘膜の腫れを取り除いて、鼻づまりを解消します。目の場合は充血を抑えます。即効性がありますが使いすぎると効き目が悪くなったり、薬を止めたときに鼻づまりが起こりやすくなることがあります。

3.遊離抑制薬
  (クロモグリク酸ナトリウムなど)
  花粉が身体に入ってきたときに、肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンといった化学伝達物質が遊離するのを抑える作用があります。点鼻薬、点眼薬に使われ、花粉症の症状全般に効果があります。副作用はあまりありませんが、効果が出るまでに1~2週間かかります。

4、その他
  鼻水の分泌を抑える抗コリン薬、炎症を抑える抗炎症薬、そのほか殺菌消毒薬なども使用されています。

薬剤を選択する場合、症状の強さやタイプによって薬を使い分けることが大切です。症状が合わさっている場合も多いですが、その場合は、何が一番辛いかを把握しておきましょう。症状が比較的軽い人は、遊離抑制薬中心の点鼻薬や点眼薬をおすすめします。症状がある程度強くて、くしゃみや鼻水、あるいは目のかゆみ、涙目などの症状が起こりやすい人は抗ヒスタミン薬が中心のものを選ぶと良いです。鼻水を抑えるには抗コリン薬も効果的です。鼻づまり、目の充血がつらい人は、血管収縮薬が入った薬を選びましょう。

花粉症は簡単に治る病気ではありません。また、時間の経過とともに同じ人でも重症度や症状が変化することもあります。市販薬を1週間程度使用しても症状が改善しない場合には、耳鼻科や眼科、アレルギー科などを受診されることをお勧めします。
 

前
鼻炎用の市販薬
カテゴリートップ
次
アズノール(カミツレ由来成分)

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project