ホーム
2017年10月19日(木)6時52分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
トップ  >   >  外用ステロイド剤の基剤

外用ステロイドの軟膏剤とクリーム剤は、皮膚病変の状態に応じて医師が使い分ける場合と、患者さんの希望を聞いて使い分ける場合があるようです。

軟膏剤は、広義には「適当な稠度の全質均等な半固形状に製した、皮膚に塗布する外用剤(日本薬局方)」と定義され、油脂性軟膏、乳剤性軟膏、水溶性軟膏の3種類に分けられます。しかし、一般には、このうちの油脂性軟膏を軟膏剤、乳剤性軟膏をクリーム剤と呼ぶ場合が多く、各基剤もこの一般的な区分けに従って、商品名に「軟膏」や「クリーム」という名称を付記しています。

【軟膏剤】

外用ステロイドの場合、商品名に「軟膏」が付く製剤は、ほとんどが白色ワセリンを基剤としています。適応は広く、湿潤した病変にも、乾燥した病変にも使用が可能です。皮膚への刺激が最も少なく、病変部を保護する効果も期待できます。ただし、油性基剤によるべたつき感があり、顔面などの露出部に塗ると塗布部だけが光って見えるなど、使用感が悪いという欠点があります。

【クリーム剤】

クリーム剤は、水成分と油成分を界面活性剤で混合させた製剤です。物理化学的な性状から

1.水成分の中に油成分が細かい粒子として浮遊するO/Wタイプ
                  (水中油型)
2.油成分の中に水成分が細かい粒子として浮遊するW/Oタイプ
                  (油中水型)

の2種類に分類されます。とはいえ、外用ステロイド剤を含め、「クリーム」という商品名で販売されている外用剤は、大半がO/Wタイプです。O/Wタイプは、べたつき感が少なく、塗布時の伸びが良いなど使用感が優れています。

ただし、水疱、膿疱、びらん、潰瘍などの湿潤した皮膚病変にクリーム剤を使用すると、乳化に必要な界面活性剤や防腐剤などの添加物が病変部を刺激する場合があります。さらにクリーム剤を湿潤病変に使用すると、基剤に一度吸収された滲出液が再び病変部に移行し、病状が悪化することがあります。

また、乾燥病変にクリーム剤を塗布すると、特に冬季には皮膚の過乾燥を招くことがあります。一般に「クリーム」は保湿剤としてのイメージが強いのですが、皮膚を乾燥から守る目的で使用する場合には、クリーム剤よりも軟膏剤が適しているのです。
                  (参考:NIKKEI Drug Infomation)
 

前
アズノール(カミツレ由来成分)
カテゴリートップ
次
ステロイド外用剤の副作用

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project