ホーム
2017年12月13日(水)4時56分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
トップ  >  漢方薬  >  食物の性質(2)

中国では食べ物を寒、涼、温、熱とする分け方があります。
寒と熱とのバランスがとれた状態に保つことができれば、私たちは、健康を維持できることになります。

実際には、体質や環境によってバランスの崩れが生まれますが、それが大きくならないように、寒と熱の調和をとる食べかたをすれば良いのです。反対に間違った選択をすれば、バランスの崩れが大きくなり、病気へと進んでしまいます。

暑い夏には、寒涼の性質を持った食べ物を摂れば、中和されて、バランスを保つことができます。夏に出回るトマトやキュウリ、スイカ等は寒涼の性質を持った食べ物です。

また、冬に、寒さによって身体が冷えの状態になってしまった場合は、温熱の食べ物を摂ればバランスがとれます。温熱の食べ物としては、ショウガ、ネギ、ニラ、鶏肉、牛肉、ラムなどがあります。

夏の暑いときに、温熱性の食べ物を過食すると、のぼせたり、湿疹が出やすくなります。反対に、冬に寒涼性の食べ物を過食しますと、冷え性になったり、下痢したりします。

以上のことから、炎症性の疾患のある場合は、寒涼の食べ物をとり、冷えたり、お小水が近い場合は、温熱性の食べ物を摂れば、バランスがとれるということになります。
 

前
食物の性質(1)
カテゴリートップ
漢方薬
次
食物の性質(3)

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project