ホーム
2017年10月19日(木)6時51分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
トップ  >   >  腰痛には冷湿布?温湿布?

腰痛には、神経学的な異常所見を伴わず原因が明らかでない場合も多く、原因不明の腰痛を総称して「腰痛症」といいます。このうち急に発症した急性(突発性)腰痛症が俗にいう「ぎっくり腰」です。急性腰痛症には、椎間関節の亜脱臼、筋膜炎、椎間板ヘルニアの初期症状など様々な病態が含まれると考えられます。

一般に腰痛症では、対症療法を中心とした治療が基本となり、具体的には痛み止めの内服薬や坐剤、筋弛緩剤などが処方されますが、俗に「湿布」と呼ばれる鎮痛用のパップ剤(成形パップ剤)が多くの場合処方されます。

多くの鎮痛パップ剤には、皮膚刺激成分が添加されています。この皮膚刺激成分として、皮膚に温感を与えるトウガラシエキスやノニル酸ワニリルアミドを含有するものが「温感パップ剤」と呼ばれ、これらを含有せず、メントールやカンフルなどの清涼成分を含むものを「冷感パップ剤」と呼びます。

温感パップ剤は、慢性腰痛症や急性腰痛症の発症数日後以降に使用されます。温感パップ剤に含有されるトウガラシエキスは、その辛味成分であるカプサイシンが局所の血管を拡張させ、患部の血流増加により、損傷した組織の修復を早めたり、腰部筋の血流障害による腰痛を改善することが期待できます。ノニル酸ワニリルアミドはカプサシンの誘導体であり、同様の機序で血行を改善します。ただし温感パップ剤は皮膚刺激が強く、発赤・発疹などの副作用が出現しやく、入浴時に貼付していた部位が強く痛む場合があるので、入浴30分から1時間前に、はがしておくなどの注意が必要です。

冷感パップ剤は、炎症による局所の発熱を抑えると共に、炎症部位の拡大を防ぐ目的で使用されます。また、メントールなどが知覚神経の末梢に作用し軽度の知覚麻痺を起こすため、鎮痛作用も期待できます。このため、炎症性疼痛疾患の急性期に多く使用されます。

ただ、現在主流であるパップ剤の主な薬効成分はインドメタシンなどの非ステロイド性抗炎症剤であり、皮膚刺激成分による効果は副次的なものと考えられています。実際、臨床的には温感タイプと冷感タイプの使い分けは完全には確立しておらず、現実には「患者さんが使用して気持ちの良いほうを選ぶ」という医師も多いようです。
                 (参考:NIKKEIDrug Infomation )
 

前
塩化リゾチーム(卵白由来成分の消炎酵素剤)
カテゴリートップ
次
薬物依存

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project