ホーム
2017年12月11日(月)10時54分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
トップ  >   >  薬物依存

若者の間での「薬物依存」が社会的な問題になっています。私のところでも鎮咳剤(塩酸メチルエフェドリン配合)を扱っていますので無関心ではいられず、ちょうどそれに関した記事が目に留まりましたので、皆さんにも知っていただきたいと思い、書き出すことにいたしました。

………………………
(聖マリアンナ医科大学宮里助教授の話)

薬物に手を出した動悸を若い人に聞いてみると、「ダイエットをしたかったから」「気持ちがよくなるから」「ハイになれるから」「ストレスを解消したいから」といった声が返ってきます。好奇心や仲間同士の連帯感から薬物に近づくケースもまれではありません。

現代は、将来に対する不安がどんどん広がって、あせりや憂鬱感に支配されやすく、それを解消するために、安易に薬物に頼る傾向も強いのではないかと思います。

薬物依存症とは、その薬物の効果を体験するために過剰な摂取が続き、精神的、身体的、社会的に障害が起こることをいいます。その薬物を摂取することが、他の多くのことよりも大切になるわけです。薬によって得られる気持ち良さを何よりも望むようになります。

薬物依存症に侵されると、被害妄想や幻覚にさいなまれます。薬が切れると倦怠感や抑うつ感に襲われて、喜びなどの人間的な感情が失われていきます。自分の感情をコントロールできなくなってしまうばかりか、人格破壊がおき、社会生活ができなくなります。

主な薬物と乱用の影響をあげてみましょう。

1.シンナー

主成分はトルエン。頭痛、大脳の萎縮、全身倦怠感、視力低下、失明、咳、嘔吐、貧血、生殖機能の低下、タンパク尿、手足の震え、発育不全、フラッシュバック(乱用を止めた後も、何らかの刺激で精神障害が起きる現象)など。歯もボロボロに。

2.覚醒剤

「S」「スピード」「アイス」ともいう。特に強い依存性があり、大量に摂取すると死亡する例もある。精神障害、幻覚、妄想、血圧上昇、瞳孔散大、食欲抑制、静脈炎、フラッシュバックなど。

3.LSD

「アシッド」「ペーパー」「ドラゴン」ともいう。強い幻覚作用、精神障害を起こす例もある。日本では医療でも使われない。

4.大麻(マリファナ)

「ハッパ」「グラス」「チョコ」ともいう。精神障害、肺ガン、染色体異常、感覚異常、興奮、無気力状態、妄想など。精神依存性がある。

5.向精神薬

睡眠薬や精神安定剤、中枢興奮薬など。ほとんど医師の処方箋が必要。脳、気管支、肺、心臓への弊害、感情不安定、歩行失調など。
……………………………

薬物は一度経験するとなかなか身体から消すことができません。個人差はありますが、ストレスの多い現代社会では誰もが薬物依存症になる危険を持っています。「たった一度でも危険なのだ」ということを、強く認識していただきたいと思います。
 

前
腰痛には冷湿布?温湿布?
カテゴリートップ
次
授乳中の薬剤

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project