ホーム
2017年8月20日(日)22時37分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
トップ  >   >  授乳中の薬剤

授乳中のお母さんが服薬を必要とする場合には、その薬剤が母乳中に移行する可能性に十分配慮しなければなりません。乳児は肝代謝機能や腎排泄機能が未発達な上、血清蛋白結合能も低く、母乳に移行した薬物を摂取した場合、少ない量であってもその影響を大きく受ける可能性があります。

授乳中に服用を避けなければならない薬物では、添付文書に「本剤投与中には授乳を避けさせること」といった注意が記載されています。ただ、実際には、この注意書きがあっても特に危険がないと考えられている薬剤もありますし、逆に、添付文書に記載がないが、必ずしも安全ではない薬剤もあります。

授乳中の場合にも処方されることが多い処方に、抗生物質や解熱鎮痛剤があります。それらの薬剤の中ではセフェム系抗生物質のセフニジル(商品名:セフゾン)と解熱鎮痛剤のアセトアミノフェン(商品名:カロナール)は、どちらも授乳婦への投与に関する注意書きが添付文書に記載されていません。セフニジルは、これまでの研究報告から母乳への移行が少ないことが明らかになっており、添付文書の薬物動態の欄にも「乳汁中への移行は認められていない」と明記されています。アセトアミノフェンは服用後に少量が母乳中に移行しますが、治療量の服用であれば、乳児への危険はないと考えられています。また、この2剤はどちらも小児用の製剤が販売されており、母乳を介して乳児が少量を摂取したとしても、比較的安全な薬剤であると考えられています。

ただ、一般に、母親が服薬をしながら授乳を続ける場合には、それが比較的安全と考えられる薬剤であっても、母乳中への移行をできるだけ少なくするよう配慮することが大切です。そのための工夫として有効なのは、服薬直前に授乳を行う方法です。母乳中の薬物量は血中濃度に相関するため、セフゾンやカロナールなどの血中薬物濃度の半減期が比較的短い薬剤であれば、服薬直前に授乳を行うことで乳児の薬物摂取量を最低限に抑えることができます。
また、これと併せて、薬物治療を始める前にあらかじめ搾乳して
おき、専用パックに入れて凍結保存しておく方法も有用です。母乳はマイナス10℃程度(家庭用の冷凍庫)でも安全に保存できます。服薬直後に授乳が必要になった場合などに保存しておいた母乳を使うことができます。
                   (参考:NIKKEI Drug Infomation)
 

前
薬物依存
カテゴリートップ
次
薬の副作用としての味覚障害

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project