ホーム
2017年8月20日(日)14時49分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
トップ  >   >  使用開始後の消毒薬の使用期限

【使用開始後の消毒薬の使用期限】

使用開始後の消毒薬の使用期限は、安定性や微生物汚染を受けるか否かなどの因子に左右されます。

1.希釈した次亜塩素酸ナトリウム(ミルトン、ピューラックスなど)は、遮光下では比較的安定である。したがって、高濃度液(0.1% など)は、汚れの混入が少なければ、14日間程度の連続使用が可能である。
 例えば、洗浄後の尿器を0.1% 液へ浸漬するのであれば、その0.1% 液は14日間まで使用できる。一方、低濃度液(0.01% など)では汚れの混入による濃度低下が大きいので、24時間までの使用が望ましい。
ただ、0.01% 液に目に見える汚れの混入があれば、直ちに廃棄とする。

2.綿球に浸したポピヨンヨード(イソジン、ナオヨジン)原液は徐々に分解するので、14日間までの使用とする。
 一方、ポピヨンヨードの50~100倍希釈液はすみやかに分解するので、24時間までの使用とする。

3.万能ビン中の綿球に浸したアルコールは、揮発による濃度低下がある程度生じるので、容器の密封度に応じて7~14日までの使用とする。

4.塩化ベンザルコニウム(オスバン、ザルコニン)やクロルヘキシジン(ヒビテン、マスキン)などの綿球やガーゼは、微生物汚染を受ける。
 特に、長期にわたる分割使用やつぎ足し使用で微生物汚染を受けやすい。これらの綿球やガーゼは24時間までの使用が望ましい。

【生体への適応の注意】

消毒薬の生体適応では、適正濃度での使用が大切です。たとえば、クロルヘキシジン(ヒビテン、マスキンなど)の0.05% 液は創部消毒に有用ですが、誤って1桁高い0.5% を用いるとショックを生じる可能性があります。
また、クロルヘキシジンの0.02% 液は結膜嚢の消毒に使用されますが、誤って0.2% 液を用いると重篤な眼障害を生じます。このような濃度の誤りを防止するため、クロルヘキシジンや塩化ベンザルコニウム(オスバン、ザルコニンなど)などを生体に適用する場合では、希釈滅菌済み製品の使用が勧められます。
なお、消毒薬の生体適応では、過剰消毒にも注意が必要です。なぜなら消毒薬はいずれも細胞障害性を示すためです。たとえば、微生物汚染を受けていない創部へポピドンヨード原液を連用すると、創部治癒が遅れることがわかっています。また、0.02% クロルヘキシジンなどの消毒薬の眼(結膜嚢)への適用では、その後の水洗いが必要とされています。
                  (参考:日本薬剤師会雑誌第55巻 9号)

前
喫煙とニコチンガム
カテゴリートップ
次
目薬(常識と間違い)

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project