ホーム
2017年5月01日(月)11時31分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
トップ  >  子供  >  子供のひきつけ

薬剤師会の定期刊行物に「こどものひきつけ」について書かれた記事がありましたので、掲載いたします。

……………………………
ひきつけの多くは熱性けいれんで、生後6ヶ月から6歳頃まで見られ、38度以上の発熱にともなうけいれんです。両親が幼児期にけいれんを起こしたことのある子供が起こしやすく、男の子に多く見られます。また、泣き入りひきつけといって、大泣きしたとき、真っ青になり、一時的に呼吸が止まることがありますが、これはとくに心配いりません。

熱性けいれんは、38度以上(大部分は39度以上)の発熱に伴い、全身が硬くなり、あとガクガクする発作が続きます。硬くなるだけ、あるいはピクピクするといった発作のこともあります。顔色は青くなり、意識はありません。左右対称に起こり、続く時間は2~3分以内が普通です。

10分以上続いたり、片側だけけいれんしたり、何回も繰り返すときは、髄膜炎やてんかんなどのほかの原因が考えられますので、受診が必要です。受診の目安としては、

?6ヶ月以内の乳児、もしくは6歳以上
?10分以上けいれんが続く
?熱がないのに、けいれんを起こす
?片側の手足のけいれん、けいれんの後にまひ(手足が動かなくなる)が残る
?数時間のうちに繰り返して起こる

けいれんが起こったとき、口の中にスプーンや割りばし、指などをいれると、口の中を傷つけたり、嘔吐させたり、けいれんを長引かせたりしますので、危険です。

静かに寝かせて、周囲に危険物があれば取り除きます。吐きそうなときには、顔を横に向けて、吐いた物が気管に入らないようにします。ゆすったり、動かしたり、大声で呼んだりしないようにしましょう。けいれんが治まったら、十分に水分を与えるようにします。

けいれんを起こしやすい子供には、予防的に座薬を使うことがあります。

また、予防接種は1994年9月の予防接種法の改正で、医療機関の判断が広げられました。それまで、けいれんが起こってから1年以上たたないと、予防接種は受けられませんでしたが、脳波検査で異常がなければ、3~6ヶ月以上あけて予防接種を受けてよいと判断しています。 (解説:大阪茂木診療所所長、小児科医小松孝充)
 

カテゴリートップ
子供
次
乳幼児の風邪

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project