ホーム
2017年6月29日(木)5時53分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
トップ  >  子供  >  乳幼児の風邪

冬の風の中で、もっとも多いのは、RSウィルスの感染症です。このRSウィルスは、3歳未満で風邪症状のある子供の鼻水や咽頭から40%以上検出されています。乳幼児の約半数は、初めての冬を越す間に感染するといわれています。

RSウィルスは4、5日の潜伏期ののち、鼻水、咳の症状で始まりります。熱はあまり高く出ませんが、2~3日続きます。3歳以上の子供は、このような比較的軽症で終わりますが、2歳以下の乳幼児、特に6ヶ月前後の乳児では、せきなどの呼吸器症状がひどくなり、重症化することがあります。鼻水やせきだけでなく、ゼロゼロというのどの音(喘鳴)が聞こえ、苦しそうになります。この状態を細気管支炎といい、肺炎の一種です。ひどくなると鼻をひくひくさせ、胸やおなかをペコペコへこませながら息をするなどの呼吸困難の症状が現れます。さらに酸素不足でくちびるやつめの色が悪くなって(チアノーゼ)命にかかわることもあります。

細気管支炎は、気管支の末梢が浮腫を起こし、分泌物も加わって気道が狭くなるため息苦しさが生じます。ゼロゼロという症状は喘息と似ていますが、喘息とは違います。しかし、RSウィルスによる細気管支炎にかかったあと、気道が過敏になり、約30%の子供が気管支喘息になったという欧米の研究もあります。細気管支炎にかかったあと、ずっとゼロゼロが続いているときは注意が必要です。幼児でも肺炎になることがあり、5日以上、高熱が続く、ゼロゼロというせきがひどいなどの症状の時には、早めの受診が大切です。とくに3ヶ月未満の乳児は、熱が出なくても肺炎になることがありますので、注意が必要です。

乳幼児の場合は、息苦しさのため不機嫌になり、飲む量も減ってきます。またせき込んで吐いてしまうこともありますが、症状が落ち着くと食欲も出てくるので、あまりあせらないことです。それよりも水分をできるだけ取ることが大切です。水分が十分に取れていないと、脱水になりやすく、また痰も粘っこくなり、呼吸が苦しくなります。少しでも水分補給を心がけることが大切です。 (参考:くらしの百科21015)

前
子供のひきつけ
カテゴリートップ
子供
次
子供の扁桃腺炎

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project