ホーム
2017年5月01日(月)11時31分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
トップ  >  子供  >  オカアサンハヤスメ

皆さんは「オカアサンハヤスメ」という言葉をご存じですか。

これは、オムレツ、カレーライス、アイスクリーム、サンドイッチ、ハンバーグ、ヤキソバ、スパゲッティ、メダマヤキの頭文字を取ったもので、子供たちの好きな料理です。これらはいずれも簡単でファーストフードやインスタント食品に多くあります。カロリーは足りていてもカルシウムやミネラルが不足するこれらの食べ物を総じて「新栄養失調時代」と言うのだそうです。

バランスの悪い食事と運動不足により、児童の骨折が増えているというデータもあります。
血液中のカルシウムが不足すると、骨からカルシウムが溶け出て補います。反対に多い時には骨がカルシウムを取り込むというように、骨はカルシウムの調節をする大切な器官です。運動不足や老化でこの調節機能が狂い、骨からカルシウムが溶けだすことによって起きる病気が骨粗鬆症です。血液中に溶け出たカルシウムは、血管や組織に入り込んでしまったり、尿中に排泄されたりして骨がスカスカになり、骨折しやすくなります。

カルシウムの1日の平均摂取量は600ミリグラムが目安ですが、年とともに吸収率が低下しますので、高齢者ほど多くとる必要があります。カルシウムが多く含まれる食品は、牛乳、乳製品、小魚、緑黄色野菜、大豆製品、海草などです。

また、カルシウムの吸収を良くするためには、タンパク質と脂肪も適度に取り、適度な運動、それも日光に当たりながらの運動が最適です。
 

前
子供の食物アレルギー
カテゴリートップ
子供
次
子供の様子がいつもと違う時

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project