ホーム
2017年6月29日(木)5時52分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
トップ  >  子供  >  子供の急病

子供が急病のときの対応に関する記事がありましたので、掲載いたします。

【けいれん】

乳幼児に多いのが熱性けいれんです。これは風邪などで急に熱が出たとき、中枢神経が未熟なためにけいれん発作を起こすのです。初めて経験すると驚きますが、普通は1、2分で治まり、その後元気になるので、まず心配はありません。

しかし、発作が長く続く、顔色が土気色、目つきが異常、発作が終わったように見えてもいつもと様子が違う、などの場合はただちに医師にかかるべきです。細菌やウィルスの影響で脳の膜が炎症を起こす「髄膜炎」、脳自体が炎症を起こす「脳炎」の可能性もあります。

また、発作時に口内にハンカチや指をつっこんではいけません。吐いた物が気管に詰まる恐れがありますので、胸をはだけて呼吸を楽にし、顔は横に向けて寝かせてください。

熱性けいれんは繰り返すこともあるので、風邪をひいたら早めに受診し、けいれん止めの薬をもらっておくと良いでしょう。

【腹痛】

まず大事なのは、便秘や下痢がないか、血が混じっていないかなど、子供のウンチを親が確かめることです。これは医師の診断にも役立ちます。

子供が腹痛を訴えた場合、便秘が疑われたり、ウンチがコロコロしていたりした場合には、試しに浣腸をするのも良いでしょう。

しかし、脂汗を流してうずくまるようなら要注意です。腹膜に菌が入る「腹膜炎」なども考えられます。乳児の場合は、腸の一部が腸の中にめりこみ、腸閉塞を起こす「腸重積症」のこともあります。

吐く、血便がでるようなときには、そく受診しましょう。

【呼吸障害】

細菌やウィルス感染のため、のどの入口がむくんで呼吸困難になるのが「クループ」といい、犬がほえるような太い声でせき込むのが特徴です。夜中に症状が強くなりやすく、最もひどい場合は窒息することもあります。患者は2歳以下が多いです。

「細気管支炎」も、ウィルス感染のため細い気管支が炎症を起こし、呼吸困難になる病気で、ゼエゼエヒイヒイと息切れしたような音を立てて呼吸します。どちらもひどい場合は酸素吸入が必要になります。

これらの症状に限らず、呼吸障害で、夜眠れない、冷汗を流す、肩で息をする、といった状態なら、すぐに医師の診察を受ける必要があります。

【まとめ】

子供の病気で、どの場合でも必要なのは、唇の色、目つき、機嫌など、複数の症状を総合して判断することです。発熱でも、ある体温以上があぶないというより、元気かどうかが大事です。医学書の内容にこだわらず、「いつもと様子が違う」という、親としての直感を大切にしてください。
                       (参考:読売新聞2000,10,7)
 

前
乾布摩擦
カテゴリートップ
子供
次
ADHD

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project