ホーム
2017年8月17日(木)4時20分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
トップ  >  子供  >  急性中耳炎

中耳炎は、鼓膜の内側にある中耳の粘膜に、細菌などが進入して炎症が起きる病気です。

中耳炎には、炎症によって鼓膜が腫れ上がり、強い痛みを伴う急性中耳炎の他、炎症による滲出液が中耳に溜まって聞こえが悪くなる滲出性中耳炎、鼓膜に孔があいて、耳だれや難聴が主な症状として現れる慢性中耳炎などがあります。

急性中耳炎は、子供に多い理由は、耳の構造上の問題にあります。中耳から、耳と喉の境(鼻咽腔)につながる管を耳管といいます。大人の耳管は細長く、咽頭から中耳に向けて角度がついているのですが、子供の耳管は大人より太く短く、水平に近い状態になっています。このため、鼻やのどからいろいろな細菌が入りやすいのです。

また、子供は咽頭扁桃(アデノイド)が肥大しているため、耳管がふさがれることがあります。耳管がふさがれると、中耳の換気が悪くなり、細菌が繁殖しやすくなります。そのため、炎症が起き、滲出性中耳炎や急性中耳炎になりやすくなるのです。

さらに子供は免疫力が弱く、風邪をひきやすいということも、中耳炎が多いる理由の一つです。風邪をひいていると、鼻や喉にいる細菌やウィルスが、耳管を介して中耳に入り込み、急性中耳炎を起こすきっかけになるのです。

急性中耳炎が治りきらずにいると、滲出性中耳炎や慢性中耳炎に移行することもあるので、最初の段階できちんと治療を受けておくことが大切です。

痛みが止まったり、耳だれがなくなったりしても、勝手に薬の服用をやめると、再発したり慢性化して難聴になる危険もあります。症状が消えても炎症はまだ残っていますから、必ず医師の指示どおりに薬を服用してください。

特に症状を訴えられない乳幼児の場合は、親が普段から目を配る必要があります。変わった症状があれば、なるべく早く耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

                        (参考:きょうの健康No.100 )

前
ADHD
カテゴリートップ
子供
次
自家中毒

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project