ホーム
2017年10月21日(土)10時18分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
トップ  >  子供  >  中耳炎Q&A

Q1:生後9ヶ月の男の子です。中耳炎で耳鼻科に3ヶ月通院しています。「膿がたまっている」と言われ鼓膜を2回切開しました。このところ発熱を繰り返し、そのたびに中耳炎になるのではと心配です。

A1:経過を教えてください。

Q2:熱が出て中耳炎と言われ、1ヶ月半ほど薬を飲ませていましたが、薬の種類が多く、抗性物質もあったので、その後はきちんと飲ませませんでした。するとまた熱を出し、中耳炎になりました。

A2:鼓膜を切開したというのは

Q3:熱があり膿が出たので、右耳の鼓膜を切開しました。その後また熱が続き、今度は左を切りました。

A3:お子さんの場合は急性の中耳炎を繰り返しているのではないと思います。のどの奥は耳管でつながっていますが、乳幼児はこの耳管が短くまっすぐなので、のどから入ったウィルスや細菌が中耳に入りやすいのです。お子さんは風邪をひき、それから中耳炎になるのを繰り返しているのでしょう。
 
  急性の中耳炎の場合は、薬をしっかり飲むことが大事です。10日間も薬を飲むとたいてい治るものですが、ときには1ヶ月以上も水がたまっていることもあります。通院している耳鼻科では、最初は抗生剤を出し、その後補助的な役割の薬に変えたのでしょう。

Q4:鼓膜を切っても自然に治るのですか。

A4:鼓膜を切る場所は決まっていて、そこから膿を出せばまた塞 がるので大丈夫です。

Q5:高熱がたびたび出るので心配です。

A5:お子さんは一生のうちでもっとも発熱を繰り返しやすい時期です。これから感染に対する抵抗力がつけば熱を出すことは次第に少なくなります。
  
熱は、身体に浸入したウィルスや細菌などと戦うために出すものですから、あわてて下げる必要はないのです。
氷まくらなどは本人が嫌がらなければ使ってもかまいません。発熱時は大量に汗をかくので水分の補給を十分にしてください。しばらくは発熱のたびに、中耳炎を起こしていないか受診なさってください。
 

前
自家中毒
カテゴリートップ
子供
次
子供の腹痛

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project