ホーム
2017年12月12日(火)21時16分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...
トップ  >  子供  >  薬を飲ませる時

お子さんが病気になったとき、医師から処方された薬を飲ませなければならないのに、嫌がって飲んでくれないという経験をなさった方も多いかと思います。お子さんに薬を飲ませるとき、甘い飲み物や好きなおやつとの混合を思い浮
かべがちですが、薬剤の吸収・力価、安定性への影響を考えると、混合は基本的には好ましくないのです。

原則1まず水で飲ませる  
  離乳食前の乳児の場合は、薬を少量の水に溶き哺乳ビンの乳首の内側に入れて吸わせたり、スポイトを使い口へ入れると良いです。離乳食が始まっていれば、少量の水で練った薬を指先に乗せ、上あごやほほの内側にくっつけて、その後、水や白湯を飲ませます。舌の上に乗せると苦味を感じやすく、吐き出しやすいためです。水で練る際にはドロドロにならないように水の量を加減します。もしドロドロになってしまったら、粉末クリームや黄な粉などを少量混ぜて調節すると良いです。
少し大きな小児なら、薬をスプーンに乗せてパクリと食べさせ、水を飲ませる方法も一案です。上を向かせて口の中に直接、散剤を入れてあげて、その後に水で飲み込ませる方法もありますが、そのときには子供に「あー」と声を出させます。声を出さないとむせてしまうためです。水以外の飲料で飲ませたり、味付けするのは、どうしても飲めない場合と心得て、まずは水で飲ませるようにしてください。

原則2ミルクに混ぜない
  水で飲めない子供には、さまざまな食品と混ぜたりする方法がありますが、その際に注意するべきことは、ミルクやおかゆ、豆腐など乳幼児の主な栄養源となっている食品とは混ぜないことです。子供は一度食べていやな味だと感じると、その食品を食べなくなってしまうためです。薬の味が原因で、それらの食品を嫌がるようになると、栄養面で問題が起きてしまいます。

原則3食後にこだわらない
  服用時点は、薬効との関連で特に定められていなければ、慣例上、食後服用と指示されます。しかし、乳幼児の場合はおなかがいっぱいにな ってしまうと薬を受け付けてくれないことが多いので、服用間隔と服用回数さえ守れば、忘れずに飲める時間に飲ませるほうが良いのです。中には、食後の指示があると「食事ができなかったときには、薬を飲ませてはいけない」と勘違いするお母さんもいるようです。

原則4怒らずほめる
  飲めなくても怒らない、飲めたら必ずほめるのも大切なポイントです。薬を飲まないとつい叱ってしまいがちですが、怒られた子供の心の中には嫌な思い出として残り、さらに薬が嫌いになってしまうこともあります。逆にほめてもらうと子供はうれしくて、次も嫌がらずに飲むようになります。

原則5理解できる年齢であれば、服薬意義を教える
  小さな子供であっても、薬を飲む必要性を根気良く伝えれば通じる場合があります。お母さんに「この薬を飲まないと病気が治らないのよ」と、やさしく説得されて、我慢しながら飲むお子さんも多いと思います。
                    (参考:NIKKEI Drug Information)
 

前
乳幼児と日光
カテゴリートップ
子供

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project