ホーム
2017年4月28日(金)19時14分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
トップ  >   >  冬の入浴

冬のお風呂での突然死が多いという記事と、そうならないための 注意が目に留まりましたので、書き出してみました。
  1.風呂に入るときは、家族に声をかける。

  2.脱衣所と浴室の温度差が大きくならないように、脱衣所は暖房する。

  3.寒い日の長湯はさける。お湯の温度は38~41度にし、入浴時間は20分以内とする。

  4.首までつかるのではなく、かけ湯か、半身浴にする。

  5.血圧降下剤を入浴の直前直後に服用しない。飲酒後の入浴も避ける。

  6.高血圧、動脈硬化、糖尿病、心疾患などを持つ高齢者の入浴には特に注意する。

以上ですが、入浴中の血圧変動は、室温が低く、湯の温度が高く、浴槽が深いほど激しいそうですので、ご注意ください。
 

カテゴリートップ
次
おもちが喉につまったら

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project